メインメニューを開く

埼玉県道152号加須幸手線バイパス

日本の埼玉県の道路

埼玉県道152号加須幸手線バイパス(さいたまけんどう152ごう かぞさってせんバイパス)は、埼玉県久喜市から、埼玉県幸手市国道4号に至る、埼玉県道152号加須幸手線バイパス道路である。

一般県道
Japanese Route Sign Number 1.svgJapanese Route Sign Number 5.svgJapanese Route Sign Number 2.svg
埼玉県道152号標識
埼玉県道152号加須幸手線バイパス
路線延長 5.920 km
起点 久喜市 八甫交差点
終点 幸手市 権現堂桜堤交差点
接続する
主な道路
記法
Japanese National Route Sign 0004.svg国道4号
テンプレート(ノート 使い方) PJ道路
埼玉県幸手市円藤内付近

概要編集

都市計画では、久喜市から加須市鳩山町・大桑を抜け、東北自動車道加須インターチェンジの東側に位置する国道125号との加須流通団地交差点まで延伸される予定である。

大桑小脇から加須流通団地交差点までの約1 kmと、加須市鳩山町付近の1 km弱は市道として供用済みである。こちらも4車線(一部暫定2車線)となっている。

2010年平成22年)8月29日には、久喜市八甫地内での1 kmが開通した[1]

2012年現在、久喜市 - 幸手市間はこちらのバイパスが現道になっており、加須市内の区間が開通すれば、国道125号から埼玉県道371号下吉羽幸手線埼葛広域農道を経由して、加須市から吉川市の県東部の南北が一本の幹線道路として結ばれ、渋滞の頻発する国道4号国道16号を経由せずに野田市方面へ向かうことができるようになる。

路線データ編集

  • 起点 埼玉県久喜市八甫 八甫交差点
  • 終点 埼玉県幸手市内国府間 権現堂桜堤交差点
  • 延長5,920 m(供用区間3,634 m)
  • 幅員22 m

車線数編集

  • 4車線(開通区間)

交差する道路と鉄道編集

脚注編集

関連項目編集