メインメニューを開く

堀内 健志(ほりうち たけし、1944年4月7日 - )は、日本の法学者弘前大学名誉教授法学博士東北大学、1985年)。専攻は公法学(憲法・行政法)。

目次

人物編集

岩手県出身。小嶋和司門下。

青森法学会会長、比較憲法学会理事、東北法学会理事。 また、厚生労働省青森地方労働審議会委員、青森県環境審議会委員、弘前市行政改革推進委員会委員を努めるなど、青森県における重要なbrain trustとなっている。 学部の講義においても積極的にドイツ語の文献を取り入れるなどし、高度かつ最先端な講義内容を展開している。 所属ゼミ生の進路としては地方公務員、上場企業が多い。 趣味は競技ダンス、卓球など多彩。

略歴編集

主著編集

  • 『ドイツ「法律」概念の研究序説』(単著、学位論文、多賀出版、1984年
  • 『立憲理論の主要問題ーRechtssatz論の方法と構造』(単著、多賀出版、1987年
  • 『行政法I』(単著、信山社、1996年
  • 『続立憲理論の主要問題ー人権論と立法・違憲審査制』(単著、信山社、1998年
  • 『「憲法と公共政策」の諸問題』(弘前大学人文学部、1999年
  • 『憲法改訂新版』(単著、信山社、2000年
  • 『公法1第三版憲法』(単著、信山社、2005年
  • 『公法2新版行政法』(単著、信山社、2005年)

外部リンク編集