堀川[要検証](ほりかわ)は、かつて大阪府大阪市北区に存在した運河天満堀川(てんまぼりがわ)とも言う。

地理編集

大川の都島橋下流側から南西へ分岐し、綿屋橋上流側から南流して堂島川に合流していた。南流区間では天満を東西に分ける境界でもあった。現在はほぼ全てが埋め立てられ、大部分が阪神高速12号守口線や扇町バイパスの用地に転用されている。

歴史編集

もとは下流側から扇町公園付近まで(南流区間)の入堀だったが、大塩平八郎の乱で天満が壊滅的な被害を受けたため、窮民救済を兼ねて上流側が開削された。

架かっていた橋編集

上流から

堀川の名を冠した建造物編集

現存している建造物

現存していない建造物

  • 堀川監獄(大阪監獄署)1882年設置、1920年堺市へ移転に伴い撤去(現 大阪刑務所)。現在、用地は扇町公園に転用。

関連項目編集