堀江 さゆみ(ほりえ さゆみ、1963年6月23日[要出典] - )は、日本放送協会 (NHK) の職員で、同局の元アナウンサー

ほりえ さゆみ
堀江 さゆみ
プロフィール
出身地 日本の旗 日本 神奈川県横浜市
生年月日 (1963-06-23) 1963年6月23日(57歳)
最終学歴 東京大学教養学部卒業[要出典]
勤務局 NHK放送センター
部署 編成局展開戦略推進部[1]
職歴 東京アナウンス室[1]
衛星放送[1]
マルチメディア[要出典]
放送事業局[1]
知財展開センター[2]
活動期間 1986年 - 1991年[要出典](アナウンサーとしての活動期間)
担当番組・活動
出演経歴にっぽん列島あさいちばん
NHKニュースTODAY

来歴編集

神奈川県横浜市出身[要出典]フェリス女学院中学校・高等学校を経て東京大学教養学部を卒業[要出典]

大学を卒業後、1986年にNHKに入局。同局のアナウンサーになり、1992年までNHK放送センターアナウンス室に所属する[1]。途中、本人の希望により報道記者へ転向する[要出典]

その後、制作へ転向。1992年からイギリスの制作プロダクションで研修を受けた後、1993年に衛星放送局所属のディレクターになる[1]。1998年6月には、衛星第2テレビ英国紀行生中継番組の宣伝で『スタジオパークからこんにちは』に出演した[要出典]

1998年に国際共同制作プロデューサーに昇格[3]。その間マルチメディア局に在職し[要出典]、外国向け広報活動に登場するなどした後、ディレクターとして放送現場に復帰した。2009年6月7日未明に衛星第1テレビで放送の『BSスタイル』で『国際共同制作 逃亡の24時間 〜ルイ16世マリー・アントワネット〜』の番組宣伝が行われた際、同番組の担当ディレクターとして出演した[要出典]。また、同年12月6日に『NHKスペシャル』で放送された「真珠湾の謎 悲劇の特殊潜航艇」の制作統括ディレクターも務めた[要出典]

その後、NHK知財展開センター所属を経て[2]、2016年に編成局展開戦略推進部の部長に就任する[1]

エピソード編集

モーニング娘。元メンバーの道重さゆみが2014年7月2日放送の『スタジオパークからこんにちは』にゲスト出演した際、彼女の名は父親がかつてNHKのアナウンサーであった堀江にあやかって付けたものであることが明かされた。この回では、道重の生誕翌年(1990年)まで堀江が担当していた『NHKニュースTODAY』の出演映像が流された。またその後、堀江から道重へのメッセージも送られた[4]

過去の出演番組編集

同期編集

脚注編集

  1. ^ a b c d e f g 世界108ヶ国・地域から1万4千人が来場した映像コンテンツの国際見本市「MIPCOM2016」。日本が初めて務めた「Country of Honour(主賓国)」の振返り”. 映像産業振興機構 (VIPO) (2016年11月25日). 2020年1月17日閲覧。
  2. ^ a b c NHKとっておきサンデー”. NHKクロニクル. 日本放送協会 (2012年11月25日). 2020年1月17日閲覧。
  3. ^ 『語り継ぐテレビ60年』読売新聞 2013年9月12日付東京版夕刊11面参照
  4. ^ 道重さゆみ 名前の由来はNHKアナ!初映像&メッセージに感激”. スポーツニッポン (2014年7月2日). 2014年7月3日閲覧。