堀江氏(ほりえし)は、清和源氏新田氏の支族とする。

概要編集

鑁阿寺新田足利両氏系図』によると、新田貞方の子・貞政が父と兄の貞邦の刑死後に武蔵国稲毛郡(または橘樹郡、現在の神奈川県川崎市)に逃れたという[1]

貞政の孫と名乗る政貞小田原北条氏に仕えた。あくまで子孫の伝承に拠れば、政貞の孫の政邦の代に後北条氏の滅亡と共に、相模国西富岡村に土着したと伝わる。以後の堀江氏は子孫代々西富岡村の名主を世襲し、神奈川県伊勢原市に堀江氏は現存しているとされる。

系譜編集

  新田貞方
   ┃
  堀江貞政(堀江氏)
   ┣━━━┓
   政長  政武
       ┃
       政貞
       ┣━━━━━━┓
       政方     政延
       ┃      ┃
       □      政邦
       ┃      ┃
       政儀     政永
       ┣━━━┓  ┃
       政信  政親 政完
       ┃
       政知
       ┃
       政起
       ┣━━━┓
       政保  政利
       ┃
       政徳
       ┣━━━┓
       政治  政光
       ┃
       政仁
       ┃
       政義
       ┃
       政伸

脚注編集

  1. ^ 太田亮著、上田萬年三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店1934年)3494頁参照。

参考文献編集

  • 太田亮著、上田萬年、三上参次監修『姓氏家系大辞典 第3巻』(角川書店、1934年)