堀田 正時(ほった まさとき)は、江戸時代後期の大名下総国佐倉藩3代藩主。官位従五位下相模守。正俊系堀田家7代。

 
堀田正時
時代 江戸時代後期
生誕 宝暦11年9月2日1761年9月29日
死没 文化8年4月4日1811年5月25日
別名 徳次郎、大膳、梅湖
戒名 自性院恭阿法山謙良
墓所 東京都台東区西浅草日輪寺
官位 従五位下相模守
幕府 江戸幕府
主君 徳川家斉
下総佐倉藩
氏族 堀田氏
父母 堀田正亮
堀田正順
兄弟 正定正泰正順正通正時、園、
戸田氏英正室、松平忠祇正室、
本多助之正室、大久保忠喜正室、祥運院、上田義篤正室、横山知明正室
源田氏娘・芳尾
正睦、幸ら
多鶴正愛
テンプレートを表示

生涯編集

初代藩主・堀田正亮の九男。文化2年(1805年)、先代藩主で兄・正順が死んだ時、兄の長男・正功は既に早世していたため、家督を相続した。中継ぎ藩主ということで藩政には関わらず[1]、趣味を中心にした生活を送った。

文化8年(1811年)4月4日(4月10日[2])に死去した。享年51。家督は正功の長男・正愛が継いだ。

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 正愛がまだ幼少だったため、中継ぎ藩主となった。『評伝 堀田正睦』20頁。
  2. ^ 『評伝 堀田正睦』20頁。

参考文献編集