堀田 正順(ほった まさなり)は、江戸時代中期の大名下総国佐倉藩2代藩主。官位従四位下侍従大蔵大輔。正俊系堀田家6代。

 
堀田正順
時代 江戸時代中期 - 後期
生誕 延享2年9月29日1745年10月24日
死没 文化2年7月12日1805年8月6日
戒名 惟心院定阿観月義徳
墓所 東京都台東区西浅草日輪寺
官位 従五位下相模守従四位下侍従大蔵大輔
幕府 江戸幕府 奏者番寺社奉行大坂城代京都所司代
主君 徳川家治家斉
下総佐倉藩
氏族 堀田氏
父母 堀田正亮、町田氏
兄弟 正定正泰正順正通正時、園、
戸田氏英正室、松平忠祇正室、
本多助之正室、大久保忠喜正室、祥運院、上田義篤正室、横山知明正室
松平頼恭娘・能
正功、 弥、八十ら
正時
テンプレートを表示

略歴編集

佐倉藩初代藩主・堀田正亮の六男(五男とも)として誕生。父の死去に伴い17歳で家督相続し、大坂城代京都所司代などを勤める。寛政4年(1792年)、佐倉宮小路に佐倉学問所、温古堂(成徳書院)を開設した。これは現在の佐倉高等学校の前身。正順の長男・正功は早世したため、弟・正時が家督を相続した。

正順の代で、甲州流の兵制に斟酌を加えて御家流と称し、それにもとづいて訓練するようになった[1]

経歴編集

官位位階編集

  • 1761年(宝暦11年) - 従五位下相模守
  • 1787年(天明7年) - 従四位下
  • 1792年(寛政4年) - 侍従
  • 1797年(寛政9年) - 大蔵大輔

系譜編集

脚注編集

  1. ^ 依田学海『学海余滴』笠間書院、2006年、393p。