メインメニューを開く
堀直弘

堀 直弘(ほり なおひろ、万延2年2月14日1861年3月24日) - 大正8年(1919年12月6日)は、越後村松藩の第12代(最後)の藩主。直寄系支流堀家12代。第9代藩主・堀直央の三男。先妻は澤宣嘉の娘、後妻は武田利安の娘。官位は従五位下。

万延2年(1861年)の誕生直後に父が死去した。慶応4年(1868年)の戊辰戦争に際し、新政府を支持する正義党の近藤安五郎一派と対立した先代藩主・直賀奥羽越列藩同盟に参加して米沢藩に逃れたため、正義党から新藩主として擁立された。村松藩は新政府軍に降伏し、所領安堵された。

明治元年(1868年)12月7日、先代藩主直賀の隠居処分により、家督を相続した。明治2年(1869年)6月20日、版籍奉還にともない、村松知藩事に任じられた。同年9月5日、従五位になった。明治4年7月14日、廃藩置県にともない、免職となった。明治10年(1877年)2月、同族の堀直明堀之美とともに奥田姓へ改めることを願う。大正8年(1919年)死去。