メインメニューを開く

堀籠 佳宏(ほりごめ よしひろ、1981年1月2日 - )は、日本の陸上競技選手。宮城県出身。専門は400m。現役時代は富士通所属。宮城県泉館山高等学校日本体育大学体育学部卒業。日本体育大学専攻科を経て日本体育大学大学院修了。2005年世界陸上選手権大阪世界選手権代表北京オリンピック日本代表。ユメオミライ株式会社代表取締役。日本陸上競技連盟強化委員(日本代表短距離コーチ)としても、2016年リオデジャネイロオリンピック男子4×100mリレーの銀メダル獲得に大きく貢献した。一般社団法人日本実業団陸上競技連合強化委員としても活動するなど日本陸上界の強化を担っている。日本スポーツ協会公認コーチ(陸上)や国際陸上競技連盟公認コーチの資格を保有し、ジュニア育成からトップ強化まで指導者としても幅広く活躍している。

堀籠佳宏 Portal:陸上競技
選手情報
フルネーム ほりごめ よしひろ
ラテン文字 Yoshihiro Horigome
国籍 日本の旗 日本
競技 トラック競技短距離走
種目 400m
所属 富士通 (2006年 - 2012年)
大学 日本体育大学
日本体育大学大学院
生年月日 (1981-01-02) 1981年1月2日(38歳)
身長 170cm
体重 61kg
成績
オリンピック 4x400mR 予選2組6着 (2008年
世界選手権 4x400mR 予選失格 (2005年
地域大会決勝 アジア競技大会
4x400mR 4位 (2006年
東アジア競技大会
400m 優勝
4x400mR 優勝 (2005,09年)
国内大会決勝 スーパー陸上
400m 優勝 (2006年)
日本選手権
400m 3位 (2006,09年)
国民体育大会
成年400m 2位 (2006, 07年
自己ベスト
400m 45秒77(2006年)
編集 テンプレートのヘルプを表示する

来歴編集

中学時代は100m中心の選手だった(全日中の出場経験なし)[1]

泉館山高校時代に200m中心の選手になり、1998年のインターハイでは200mランキング1位で出場し200mと400mで準決勝まで進出、秋の国体では少年A400mで5位入賞を果たした[1]

日本体育大学進学当初は200mにこだわりを持っていたが、同世代の末續慎吾と一緒に練習した時にレベルの差を感じ、以降は400mを本格的に取り組むようになった[1]

2003年、テグユニバーシアード日本代表に選出され、4×400mリレーに出場。4位入賞を果たした。

2005年、南部忠平記念陸上で2位に入り、ヘルシンキ世界選手権代表に滑り込みで選出され、4×400mリレーに出場。しかし、第二走者の成迫健児が、金丸祐三からのバトンパスの際、規定のラインを守っていなかったとして失格となった。この年、300mで32秒82の日本最高記録を樹立した。

ヘルシンキ後のイズミールユニバーシアードでは4×400mリレーに出場。日本学生記録を更新し、銀メダルを獲得した。

11月の東アジア大会では400mで46秒44の好タイムをマークし金メダルを獲得した。4×400mリレーでも優勝し、二冠に輝く活躍を見せた。

2006年、ドーハアジア大会日本代表に選出され、4×400mリレーに出場。一走を務め、4位入賞に大きく貢献した。この年のスーパー陸上男子400mでは、金丸祐三ほか海外の強豪選手を破り45秒77の好記録で優勝し、世界選手権参加標準記録を突破した。この年は、日本グランプリ南部記念陸上で優勝するなど無類の強さをみせた。

2007年、大阪世界選手権代表を狙って日本選手権400mに出場するも5位に終わり、大会終了後の世界選手権代表決定は逃した。しかし、世界選手権の最終選考のかかった南部忠平記念陸上で優勝し、世界選手権代表に選出された。

2008年、南部忠平記念陸上で優勝し、北京オリンピック日本代表に選出された。

2006年から2009年にかけて東日本実業団、全日本実業団ともに400mで4連覇をしている。2006年の全日本実業団400mでは45秒88の大会記録で優勝し、今もなおこの大会記録は破られていない。

主要大会成績編集

大会 場所 種目 結果 記録 備考
2003 ユニバーシアード   大邱 400m 2次予選 47秒63
4x400mR 4位 3分05秒97 (1走)
2005 世界選手権   ヘルシンキ 4x400mR 予選 DQ (3走)
2005 ユニバーシアード   イズミル 4x400mR 2位 3分03秒20 (2走) 日本学生記録(混成)
2005 東アジア競技大会   マカオ 400m 優勝 46秒44
4x400mR 優勝 3分07秒70 (4走)
2006 アジア競技大会   ドーハ 4x400mR 4位 3分07秒07 (1走)
2007 世界選手権   大阪 4x400mR 未出場 (補欠)
2008 オリンピック   北京 4x400mR 予選 3分04秒18 (3走) 2組6着(全体14位)
2009 東アジア競技大会   香港 4x400mR 優勝 3分07秒08 (4走)

著書編集

  • 『小・中学生のための運動会で1位になる 速くなる走り方教室』(カンゼン、2018/3、ISBN 978-4862554529

脚注編集

  1. ^ a b c 「トップ選手に学ぶ一流の「トレーニングメソッド」」『月刊陸上競技』48巻10号、講談社、2014年9月号、 222-225頁。

外部リンク編集

記録
先代:
ユニバーシアード日本代表
大森盛一、稲垣誠司、斎藤嘉彦、簡優好
4×400mリレー日本学生記録保持者(混成)
ユニバーシアード日本代表
太田和憲、堀籠佳宏山口有希成迫健児

2005年8月20日 -
次代:
未定
先代:
富士通
大槻康勝、河邉崇雄、伊東辰哉、土江寛裕
全日本実業団4×100mリレー大会記録保持者
富士通
宮沢洋平、塚原直貴高平慎士堀籠佳宏

2009年9月26日 - 2013年9月21日
次代:
住友電工
藤澤亮輔、小谷優介、堀江新太郎、土手啓史