メインメニューを開く

2005年世界陸上競技選手権大会

陸上競技の国際大会

第10回世界陸上競技選手権大会(だい10かいせかいりくじょうきょうぎせんしゅけんたいかい)は、フィンランドヘルシンキヘルシンキ・オリンピックスタジアムをメイン会場として2005年8月6日から8月14日まで行われた。

第10回世界陸上競技選手権大会
開催地 フィンランドヘルシンキ
期間 8月6日 – 8月14日
メイン会場 ヘルシンキ・オリンピックスタジアム
参加国 196か国
参加選手 1,891人
種目数 47種目

大会テーマソングの『Victory』は2005年のユーロビジョン・ソング・コンテストのフィンランド代表曲だったが、準決勝で敗退した。

目次

大会開催までの経緯編集

当初はイングランドロンドンウェンブリー・スタジアムで開催される予定だった。しかし同競技場の完成の遅れや財政難などから[1]1983年に行われたフィンランドのヘルシンキで行うことになった。

大会開催中の天候編集

  • 当初は穏やかな天候が予想されていたが、開催と同時に暴風が吹き荒れる荒天となり、障害走やフィールド競技では強風に泣かされる事態となった。例えば、棒高跳では、ポールがあらぬ方向へ倒れたり、バーが風で落下したり、マットが風で飛ばされるなどのハプニングが続出した。
  • このときは予定していたスケジュールが大幅に変更され、一部の競技は日にちを変更した競技もあった。

この大会から誕生した世界新記録編集

競技結果編集

国別メダル受賞数編集

国・地域
1   アメリカ合衆国 14 8 3 25
2   ロシア 6 8 4 18
3   エチオピア 3 4 2 9
4   キューバ 3 3 1 7
5   フランス 2 2 4 8
6   ベラルーシ 2 2 1 5
7   スウェーデン 2 0 1 3
8   バーレーン 2 0 0 2
9   ジャマイカ 1 5 2 8
10   ケニア 1 2 4 7
11   モロッコ 1 2 0 3
12   ドイツ 1 1 3 5
13   バハマ 1 1 0 2
  エストニア 1 1 0 2
  オランダ 1 1 0 2
16   イギリス 1 0 2 3
17   エクアドル 1 0 0 1
  リトアニア 1 0 0 1
  カタール 1 0 0 1
  ウガンダ 1 0 0 1
  ウクライナ 1 0 0 1
22   チェコ 0 1 2 3
23   スペイン 0 1 1 2
  ガーナ 0 1 1 2
  ポーランド 0 1 1 2
26   中国 0 1 0 1
  ノルウェー 0 1 0 1
  タンザニア 0 1 0 1
  トリニダード・トバゴ 0 1 0 1
30   日本 0 0 2 2
  ポルトガル 0 0 2 2
  ルーマニア 0 0 2 2
33   オーストラリア 0 0 1 1
  カナダ 0 0 1 1
  フィンランド 0 0 1 1
  ハンガリー 0 0 1 1
  イタリア 0 0 1 1
  メキシコ 0 0 1 1
  ニュージーランド 0 0 1 1
  セントクリストファー・ネイビス 0 0 1 1
Total 47 48 46 141

男子編集

競技種目
トラック競技
100m ジャスティン・ガトリン
  アメリカ合衆国
9秒88 マイケル・フレイター
  ジャマイカ
10秒05 キム・コリンズ
  セントクリストファー・ネイビス
10秒05
200m ジャスティン・ガトリン
  アメリカ合衆国
20秒04 ウォーレス・スピアモン
  アメリカ合衆国
20秒20 ジョン・カペル
  アメリカ合衆国
20秒31
400m ジェレミー・ウォリナー
  アメリカ合衆国
43秒93 アンドリュー・ロック
  アメリカ合衆国
44秒35 タイラー・クリストファー
  カナダ
44秒44
800m ラシド・ラムジ
  バーレーン
1分44秒24 ユーリー・ボルザコフスキー
  ロシア
1分44秒51 ウィリアム・ヤンポイ
  ケニア
1分44秒55
1500m ラシド・ラムジ
  バーレーン
3分37秒88 アディル・カウシ
  モロッコ
3分38秒00 ルイ・シルバ
  ポルトガル
3分38秒02
5000m ベンジャミン・リモ
  ケニア
13分32秒55 シレシ・シヒネ
  エチオピア
13分32秒81 クレイグ・モットラム
  オーストラリア
13分32秒96
10000m ケネニサ・ベケレ
  エチオピア
27分08秒33 シレシ・シヒネ
  エチオピア
27分08秒87 モーゼス・モソップ
  ケニア
27分08秒96
マラソン ジャウアド・ガリブ
  モロッコ
2時間10分10秒 クリストファー・イセグエ
  タンザニア
2時間10分21秒 尾方剛
  日本
2時間11分16秒
(マラソン団体) [2]   日本 6時間38分39秒   ケニア 6時間46分38秒   エチオピア 6時間52分14秒
110mハードル ラッジ・ドゥクレ
  フランス
13秒07 劉翔
  中国
13秒08 アレン・ジョンソン
  アメリカ合衆国
13秒10
400mハードル バーション・ジャクソン
  アメリカ合衆国
47秒30 ジェームズ・カーター
  アメリカ合衆国
47秒43 為末大
  日本
48秒10
3000m障害 サイフ・サイード・シャヒーン
  カタール
8分13秒31 エゼキエル・ケンボイ
  ケニア
8分14秒95 ブライミン=キプロプ・キプルト
  ケニア
8分15秒30
20km競歩 ジェファーソン・ペレス
  エクアドル
1時間18分35秒 フランシスコ・ハビエル・フェルナンデス
  スペイン
1時間19分36秒 ファン・マヌエル・モリーナ
  スペイン
1時間19分44秒
50km競歩 セルゲイ・キルトヤプキン
  ロシア
3時間38分08秒 アレクセイ・ベヨボディン
  ロシア
3時間41分25秒 アレックス・シュバーツァー
  イタリア
3時間41分54秒
4×100mリレー   フランス
ラッジ・ドゥクレ
ロナルド・ポニョン
エディー・ド・レピーヌ
ルエイ・ドビー
38秒08   トリニダード・トバゴ
Kevon Pierre
マルク・バーンズ
ジェーイシー・ハーパー
ダレル・ブラウン
38秒10   イギリス
ジェイソン・ガードナー
マーロン・デボニッシュ
クリスチャン・マルコム
マーク・ルイス=フランシス
38秒27
4×400mリレー   アメリカ合衆国
アンドリュー・ロック
デリク・ブルー
ダロルド・ウィリアムソン
ジェレミー・ウォリナー
2分56秒91   バハマ
ナサニエル・マッキンニー
アバード・モンカー
アンドレ・ウィリアムズ
クリス・ブラウン
2分57秒32   ジャマイカ
Sanjay Ayre
ブランドン・シンプソン
ランスフォード・スペンス
ダビアン・クラーク
2分58秒07
フィールド競技
走高跳 ユーリー・クリマレンコ
  ウクライナ
2m32cm ヤロスラフ・リバコフ
  ロシア
ビクトル・モヤ
  キューバ
2m29cm
棒高跳 レンス・ブロム
  オランダ
5m80cm ブラッド・ウォーカー
  アメリカ合衆国
5m75cm パヴェル・ゲラシモフ
  ロシア
5m65cm
走幅跳 ドワイト・フィリップス
  アメリカ合衆国
8m60cm エグネイシャス・ガイサー
  ガーナ
8m34cm トンミ・エビラ
  フィンランド
8m25cm
三段跳 ウォルター・デービス
  アメリカ合衆国
17m57cm ヨアンドリ・ベタンソス
  キューバ
17m42cm マリアン・オプレア
  ルーマニア
17m40cm
砲丸投 アダム・ネルソン
  アメリカ合衆国
21m73cm ルトガー・スミス
  オランダ
21m29cm ラルフ・バーテルス
  ドイツ
20m99cm
円盤投 ウィルギリウス・アレクナ
  リトアニア
70m17cm
大会新
ゲルド・カンテル
  エストニア
68m57cm ミハエル・メレンベック
  ドイツ
65m95cm
ハンマー投 イワン・チホン
  ベラルーシ
83m89cm
大会新
ワディム・デフヤトフスキー
  ベラルーシ
82m60cm シモン・ジョルコフスキ
  ポーランド
79m35cm
やり投 アンドルス・バルニク
  エストニア
87m17cm アンドレアス・トルキルドセン
  ノルウェー
86m18cm セルゲイ・マカロフ
  ロシア
83m54cm
十種競技 ブライアン・クレイ
  アメリカ合衆国
8732点 ロマン・セブルレ
  チェコ
8521点 アッティラ・ジヴォッキー
  ハンガリー
8385点

女子編集

競技種目
トラック競技
100m ローリン・ウィリアムズ
  アメリカ合衆国
10秒93 ベロニカ・キャンベル
  ジャマイカ
10秒95 クリスティーン・アーロン
  フランス
10秒98
200m アリソン・フェリックス
  アメリカ合衆国
22秒16 レイチェル・ブーン=スミス
  アメリカ合衆国
22秒31 クリスティーン・アーロン
  フランス
22秒31
400m トニーク・ウィリアムズ=ダーリン
  バハマ
49秒55 サーニャ・リチャーズ
  アメリカ合衆国
49秒74 アナ・ゲバラ
  メキシコ
49秒81
800m スリア・カラタユド
  キューバ
1分58秒82 ハスナ・ベンハシ
  モロッコ
1分59秒42 タチアナ・アンドリアノワ
  ロシア
1分59秒60
1500m タチアナ・トマショワ
  ロシア
4分00秒35 オルガ・エゴロワ
  ロシア
4分01秒46 ボウチュラ・ゲジエル
  フランス
4分02秒45
5000m ティルネシュ・ディババ
  エチオピア
14分38秒59
大会新
メセレト・デファー
  エチオピア
14分39秒54 エジェガエフ・ディババ
  エチオピア
14分42秒47
10000m ティルネシュ・ディババ
  エチオピア
30分24秒02 ベルハネ・アデレ
  エチオピア
30分25秒41 エジェガエフ・ディババ
  エチオピア
30分26秒00
マラソン ポーラ・ラドクリフ
  イギリス
2時間20分57秒 キャサリン・ヌデレバ
  ケニア
2時間22分01秒 コンスタンティナ・トメスク
  ルーマニア
2時間23分19秒
(マラソン団体) [2]   ケニア 7時間12分37秒   日本 7時間16分35秒   イギリス 7時間27分04秒
100mハードル ミシェル・ペリー
  アメリカ合衆国
12秒66 デロリーン・エニス=ロンドン
  ジャマイカ
12秒76 ブリジット・フォスター=ヒルトン
  ジャマイカ
12秒76
400mハードル ユリア・ペチョンキナ
  ロシア
52秒90 ラシンダ・デムス
  アメリカ合衆国
53秒27 サンドラ・グローヴァー
  アメリカ合衆国
53秒32
3000m障害 ドカス・インジクル
  ウガンダ
9分18秒24
大会新
エカテリーナ・ヴォルコワ
  ロシア
9分20秒49 ジェルト・キプタム
  ケニア
9分26秒95
20km競歩 オリンピアダ・イワノワ
  ロシア
1時間25分41秒
世界新
リタ・トゥラヴァ
  ベラルーシ
1時間27分05秒 スザナ・フェイトル
  ポルトガル
1時間28分44秒
4×100mリレー   アメリカ合衆国
Angela Daigle-Bowen
Muna Lee
Me'Lisa Barber
ローリン・ウィリアムズ
41秒78   ジャマイカ
Danielle Browning
シェローン・シンプソン
アリーン・ベイリー
ベロニカ・キャンベル
41秒99   ベラルーシ
ユリヤ・ネステレンコ
Natallia Solohub
Alena Neumiarzhitskaya
Aksana Drahun
42秒56
4×400mリレー   ロシア
ユリア・ペチョンキナ
オレシャ・クラスノモベツ
ナタリア・アントユフ
Svetlana Pospelova
3分20秒95   ジャマイカ
シェリカ・ウィリアムズ
ノブレーン・ウィリアムズ
Ronetta Smith
ロレイン・フェントン
3分23秒29   イギリス
Lee McConnell
Donna Fraser
Nicola Sanders
クリスティーン・オールグー
3分24秒44
フィールド競技
走高跳 カイサ・ベリークヴィスト
  スウェーデン
2m02cm シャーンテ・ハワード
  アメリカ合衆国
2m00cm エマ・グリアン
  スウェーデン
1m96cm
棒高跳 エレーナ・イシンバエワ
  ロシア
5m01cm
世界新
モニカ・ピレク
  ポーランド
4m60cm パブラ・ハマチコーヴァ
  チェコ
4m50cm
走幅跳 ティアナ・マディソン
  アメリカ合衆国
6m89cm ユニス・バルベール
  フランス
6m76cm ヤルヘリス・サビヌ
  キューバ
6m69cm
三段跳 トレシア・スミス
  ジャマイカ
15m11cm ヤルヘリス・サビヌ
  キューバ
14m82cm アンナ・ピヤティフ
  ロシア
14m78cm
砲丸投 オルガ・リャビンキナ
  ロシア
19m64cm バレリー・ビリ
  ニュージーランド
19m62cm ナディネ・クライナート
  ドイツ
19m07cm
円盤投 フランカ・ディーチュ
  ドイツ
66m56cm ナタリア・サドワ
  ロシア
64m33cm ベラ・ポスピシロヴァ=チチェロバ
  チェコ
63m19cm
ハンマー投 イプシ・モレノ
  キューバ
73m08cm タチアナ・ルイセンコ
  ロシア
72m46cm マニュエラ・モントブラン
  フランス
71m41cm
やり投 オスレイディス・メネンデス
  キューバ
71m70cm
世界新
クリスティーナ・オーバークフォル
  ドイツ
70m03cm シュテフィ・ネリウス
  ドイツ
65m96cm
七種競技 カロリナ・クリュフト
  スウェーデン
6887点 ユニス・バルベール
  フランス
6824点 マーガレット・シンプソン
  ガーナ
6375点

メインスタジアムのトラック競技選手集合BGMはカール・オルフ作曲『カルミナ・ブラーナ』より『おお、フォルトゥナ』の冒頭部分[要出典]

TV放送編集

テレビ放送はYLEをホスト局で、日本ではTBSJNN系列で独占放送された。

競技中継

脚注編集

  1. ^ Picketts Lock bid scrapped. BBCスポーツ (2001-10-04). Retrieved on 2011-01-20.
  2. ^ a b 1997年アテネ大会よりワールドカップマラソン国別対抗戦(1985年に第1回)を同時開催。チーム上位3人の合計タイムによって競い、世界陸上と同様にメダルは授与されるが国別獲得数には含まない。

関連項目編集

外部リンク編集