堂園 昌彦(どうぞの まさひこ、1983年11月 - )は、日本歌人

堂園 昌彦
(どうぞの まさひこ)
誕生 1983年11月??[1]
日本の旗 日本 東京都[1]
職業 歌人
言語 日本語
ジャンル 短歌
デビュー作 『やがて秋茄子へと到る』(2013年)
所属 pool
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

経歴編集

2000年、高校の担任教師であった大松達知の影響で作歌を開始[1][2]。大学入学後、2003年に早稲田短歌会コスモス短歌会に入会(のち退会[3][1]。2007年、「やがて秋茄子へと到る」30首で第50回短歌研究新人賞最終候補[1]。2008年、「pool」に参加[1]

2013年、第一歌集「やがて秋茄子へと到る」を刊行。2014年、同歌集が「ピクベス2014」[注 1]第1位に選ばれる[4]。2016年4月から、永井祐土岐友浩と、ブログ「短歌のピーナツ」で活動[5]。2019年より、NHK文化センター青山教室講師[6][7]

著作編集

単著編集

  • 『やがて秋茄子へと到る』、2013年9月23日、港の人ISBN 978-4-89629-263-3

アンソロジー編集


脚注編集

[脚注の使い方]

注釈編集

  1. ^ 紀伊國屋書店ピクウィック・クラブ選。

出典編集

  1. ^ a b c d e f 堂園昌彦『やがて秋茄子へと到る』港の人、2013年9月23日、228頁。ISBN 978-4-89629-263-3
  2. ^ 堂園昌彦ロングインタビュー (PDF) 」 『早稲田短歌』第44巻、早稲田短歌会、2015年2月28日、 25頁、2020年12月17日閲覧。
  3. ^ 堂園昌彦ロングインタビュー (PDF) 」 『早稲田短歌』第44巻、早稲田短歌会、2015年2月28日、 33頁、2020年12月17日閲覧。
  4. ^ 【新宿本店】 ピクベス2014 ~紀伊國屋書店ピクウィック・クラブが2013年に心を掴まれた20冊~(~2014年3月17日)”. 紀伊國屋書店 (2014年2月10日). 2020年12月17日閲覧。
  5. ^ このブログについて”. 短歌のピーナツ (2016年4月11日). 2020年11月27日閲覧。
  6. ^ NHK文化センター青山教室:こんにちは短歌 好奇心の、その先へ”. NHKカルチャー. NHK文化センター. 2020年12月17日閲覧。
  7. ^ 堂園昌彦 [@dozonomasahiko] (1 December 2018). "【宣伝】こんにちは。来月からNHK文化センター青山教室で短歌講座を担当します。毎月第3土曜日13:00〜。初回は1/19(土)で、とりあえず3回です。毎回講義と歌会です。たぶん面白いと思うので皆さんよろしくお願いします。" (ツイート). Twitterより2020年12月17日閲覧


外部リンク編集