メインメニューを開く

大松 達知(おおまつ たつはる、1970年12月30日 - )は、日本歌人。歌誌「コスモス」選者・編集委員・О先生賞選考委員。季刊同人誌「COCOON」発行人。現代歌人協会会員。高野公彦に師事。東京都中野区在住。

人物編集

東京都文京区白山出身。上智大学外国語学部英語学科卒業。吉田研作の薫陶を受ける。卒業後、都内の私立中学高校の英語教員として勤務。芝高等学校在学中に作歌を始め、1990年、歌誌「コスモス」入会。現在、選者・編集委員・O先生賞選考委員。1991年、同人誌「棧橋」参加(2014年終刊)。2016年歌誌「COCOON」創刊、発行人。現代歌人協会会員。朝日カルチャーセンター講師。千葉ロッテマリーンズをこよなく愛する。

神田上水研究家の大松騏一[1]は父。

奥村晃作の影響を受けた、「ただごと歌」的なユーモアとかすかなペーソスある歌を得意とする[2][3][4]。これまでは、言葉そのものの妙味や教員生活を描いた作品が多かったが、第4歌集『ゆりかごのうた』の後半部分では父親の目線から見た育児をテーマのひとつとし、「イクメン歌集」とも称された[5]

2017年4月より1年間、Eテレ『NHK短歌』選者を担当。

年譜編集

  • 1970年 東京都文京区白山に生まれる。実家の祖母はお茶の専門店を経営。
  • 1986年 芝高等学校在学中に社会科教師だった奥村晃作と出会い、作歌を開始。
  • 1989年 芝高等学校卒業。
  • 1990年 上智大学外国語学部英語学科入学。「コスモス」短歌会入会。高野公彦小島ゆかりと出会う。
  • 1991年 「コスモス」の結社内同人誌である「棧橋」に参加。
  • 1993年 米国ウィスコンシン州立大学マディソン校に1年間交換留学。
  • 1995年 上智大学を卒業。
  • 1995年 都内私立海城中学高校(男子校)に英語教員として勤務開始。
  • 1995年8月「宮柊二・山西省の旅」に参加。
  • 1997年 結婚を機に、吉祥寺東町に転居。
  • 1999年 中野区松ケ丘に転居。
  • 2008年 歌誌「コスモス」選者となる。
  • 2010年 砂子屋書房 web にて「一首鑑賞*日々のクオリア」を1年間155回連載。
  • 2014年 「桟橋」が30周年・120号を区切りに終刊。
  • 2015年 「コスモス」内同人誌「COCOONの会」開始。発行人となる。
  • 2015年 源実朝を偲ぶ仲秋の名月伊豆山歌会選者。
  • 2015年〜2016年 NHK全国短歌大会選者(ジュニアの部)。
  • 2017年度 EテレNHK短歌」選者。
  • 2017年11月 父・騏一逝去。
  • 2017年度 NHK全国短歌大会選者。
  • 2018年度 宮柊二記念館全国短歌大会選者。
  • 2019年度 NHK全国短歌大会(ジュニアの部)選者。

受賞歴編集

  • 1994年 桐の花賞受賞
  • 2003年 コスモス賞受賞
  • 2006年 コスモス評論賞受賞(受賞対象は 2001年〜2011年まで、あしかけ10年間隔月で担当した時評欄)
  • 2014年 『ゆりかごのうた』で第19回若山牧水賞受賞[6][7]

著書編集

歌集編集

編集編集

共著編集

その他編集

  • 香川ヒサ作品集』解説(柊書房、2005年)
  • 栗木京子作品集』解説(柊書房、2006年)
  • 『名歌名句大事典』執筆(明治書院、2012年)
  • 高野公彦『淡青』(文庫版)解説(現代短歌社、2014年)

メディア出演編集

脚注編集

外部リンク編集