メインメニューを開く

堅田剛(かただ たけし、1950年1月27日-2015年2月27日)は、法制史学者、獨協大学教授。

略歴編集

1950年宇都宮市生まれ。1975年上智大学法学部卒業。

1980年明治大学大学院法学研究科博士課程満期退学。獨協大学法学部講師、助教授、教授。他、明治学院中央大学埼玉大学で非常勤講師を務める。1985年『法の詩学』でヨゼフ・ロゲンドルフ賞受賞。

ベルリンの壁崩壊の後の1990年から1991年まで、旧西ドイツ(1990年10月からはドイツ連邦共和国)のハイデルベルク大学哲学部に留学。[1]

1992年「歴史法学研究 歴史と法と言語のトリアーデ」で法学博士(明治大学)。専攻は法思想史・法哲学。[2]

2000年4月から2004年3月まで、獨協大学法学部学部長、獨協大学大学院法学研究科委員長を兼任で務める。

2008年9月、論文『吉野作造と鈴木安蔵 五つの『絶筆』をめぐって』で、吉野作造生誕130年没後75年記念最優秀論文賞を受賞。

2011年4月から2012年3月まで、獨協大学大学院法学研究科委員長。

2013年4月から2014年3月まで、明治学院大学法学部非常勤講師(法思想史)。

2015年2月27日、独協医科大学病院にて病没。

著述編集

著書
論文
  • 『独逸学協会とドイツ法学――加藤弘之および穂積陳重との関連で』 1995
  • 『加藤弘之の国法学――ブルンチュリ『国法汎論』との関連で』 1996
  • 『ロェスラーと独逸学協会――明治憲法との関連で』 1997
編著
  • 『加害/被害』編 国際書院 法文化叢書-歴史・比較・情報- 2013
翻訳
  • ロバート・A.ニスベット『歴史とメタファー――社会変化の諸相』紀伊国屋書店 1987
  • 『「独逸協会学校」教師としてのゲオルク・ミヒャエリス――『国家と国民のために』より』 2004-2005
  • オイゲン・ヴォールハウプター『詩人法律家』編訳 御茶の水書房 2012
  • オイゲン・ヴォールハウプター『ゲーテサヴィニー――続詩人法律家』編訳 御茶の水書房 2013

注釈編集

[ヘルプ]
  1. ^ #独協大学『目録』
  2. ^ 『現代日本人名録』2002年

参考文献編集

外部リンク編集