メインメニューを開く

塚本 善五郎(つかもと ぜんごろう、明治2年(1869年10月16日[1] - 明治37年(1904年)5月15日)は、日本の海軍軍人海軍大学校を首席卒業し 日露戦争初期に戦死。最終階級は海軍少佐正六位勲四等功四級。娘の芥川龍之介に嫁ぎ、善五郎にとっては孫にあたる芥川比呂志俳優)と芥川也寸志作曲家)を産んでいる。[2]。家紋は「丸に松皮菱」。

塚本 善五郎
Zengoro Tsukamoto.jpg
生誕 1869年10月16日
日本の旗 日本 東京府
死没 (1904-05-15) 1904年5月15日(34歳没)
旅順港港外
所属組織 大日本帝国海軍の旗 大日本帝国海軍
軍歴 1892年 - 1904年
最終階級 海軍少佐
テンプレートを表示

目次

概要編集

海軍兵学校17期。席次は入校時53名中6番。卒業時88名中6番。同期生に秋山真之森山慶三郎山路一善らがいる。1892年(明治25年)5月、少尉任官。日清戦争期は「高雄」航海士であった[3]1897年(明治30年)、甲種作業答案として作成した「遠征艦隊編成法」が成績優秀と認められる[4]1900年(明治33年)海軍大学校将校科乙種2期を優等卒業[5]。専攻は砲術であった。次いで海大将校科甲種3期に進み首席で卒業した。谷口尚真百武三郎が同期である。日露戦争第一艦隊第一戦隊の先任参謀として出征。同僚の後任参謀は斎藤七五郎であった。1904年5月15日午前9時55分、旅順港外閉鎖に従事中の戦艦初瀬」が露海軍の敷設した機雷に触雷。午前11時38分、後部砲塔下付近に再び触雷し「初瀬」は沈没。塚本ら496名が戦死した。

遺児・塚本文子海軍機関学校教官・芥川龍之介に嫁いだのは、塚本の死後14年後のことであった。

栄典・授章・授賞編集

脚注編集

[ヘルプ]

出典編集

  1. ^ 『海軍兵学校出身者戦死者芳影録』23頁
  2. ^ 『海軍兵学校物語』73頁
  3. ^ 西海艦隊及附属艦船乗組員”. アジア歴史資料センターRef.C06061767500、明治27年 「海軍に関する書類」(防衛省防衛研究所)」. 2013年1月20日閲覧。
  4. ^ 『横鎮第2970号 明治31年8月10日 甲種作業答案進達(1)』、 『龍田普第271号 明治31年7月14日 軍艦龍田作業実施報告』
  5. ^ 『日本陸海軍総合事典』「海軍術科学校卒業生」
  6. ^ 『官報』第3858号・付録「辞令」1896年5月12日。

参考文献編集

  1. 「横鎮第2970号明治31年8月10日 甲種作業答案進達(1)」(ref:C10100131300)
  2. 「龍田普第271号 明治31年7月14日 軍艦龍田作業実施報告」(ref:C10100132000 )
  • 鎌田芳朗『海軍兵学校物語』原書房、1979年
  • 児島襄『日露戦争』(2)文春文庫、ISBN 4-16-714147-7
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 海軍篇』芙蓉書房出版
  • 戸高一成監修『日本海軍士官総覧』柏書房
  • 秦郁彦『日本陸海軍総合事典』東京大学出版会
  • 松本清張『昭和史発掘』(1)文春文庫 ISBN 4-16-710699-X
  • 明治百年史叢書第74巻『海軍兵学校沿革』原書房