メインメニューを開く
本来の表記は「戸髙一成」です。この記事に付けられた題名は技術的な制限または記事名の制約により不正確なものとなっています。

戸髙 一成(とだか かずしげ、1948年4月10日 - )は、日本の海軍史研究家。呉市海事歴史科学館大和ミュージアム)館長、呉市参与[1]

略歴編集

宮崎県出身[1]。1973年、多摩美術大学美術学部卒業[1]。友人とデザイン会社を経営した後、財団法人史料調査会の主任司書となる。1992年、同財団理事[1]。その傍ら、当時戦記物を出版していた今日の話題社の経営に10年程関わり、社長も務めた。1994年、旧厚生省より戦没者追悼平和祈念館設立準備室の立ち上げを依頼され転籍、今日の話題社社長も辞職。1999年に昭和館図書情報部長[1]、2004年に呉市企画部参事補[1]、2005年4月より呉市海事歴史科学館長[1]

著書編集

単著編集

  • 『戦艦大和復元プロジェクト』(角川oneテーマ21、2005年)
  • 『戦艦大和に捧ぐ』(PHP研究所、2007年)
  • 『聞き書き・日本海軍史』(PHP研究所、2009年)
  • 『海戦からみた日露戦争』(角川oneテーマ21、2010年)
  • 『海戦からみた日清戦争』(角川oneテーマ21、2011年)
  • 『海戦からみた太平洋戦争』(角川oneテーマ21、2011年)

共著編集

編集・監修編集

訳書編集

脚注編集

外部リンク編集