塩州駅

朝鮮民主主義人民共和国の鉄道駅

塩州駅(ヨムジュえき)は朝鮮民主主義人民共和国平安北道塩州郡塩州邑に位置する朝鮮民主主義人民共和国鉄道省である。

塩州駅
염주
ヨムジュ
Yomju
所在地 朝鮮民主主義人民共和国の旗平安北道塩州郡塩州邑
北緯39度53分41秒 東経124度36分8秒 / 北緯39.89472度 東経124.60222度 / 39.89472; 124.60222座標: 北緯39度53分41秒 東経124度36分8秒 / 北緯39.89472度 東経124.60222度 / 39.89472; 124.60222
所属事業者 朝鮮民主主義人民共和国鉄道省
ホーム 地上駅
開業年月日 1908年4月1日
乗入路線 2 路線
所属路線 平義線
キロ程 191.2 km(平壌起点)
東林 (13.4 km)
(7.7 km) 内中
所属路線 白馬線
キロ程 0.0 km(塩州起点)
(8.7 km) 良策
テンプレートを表示
塩州駅
各種表記
チョソングル 염주역
漢字 鹽州驛
発音 ヨムジュヨク
日本語読み: えんしゅうえき
英語: Yomju Station
テンプレートを表示

乗り入れ路線編集

平義線白馬線の駅である。白馬線の起点駅となっており、平義線と白馬線の分岐駅である。

歴史編集

1908年4月1日京義線全通時に塩州駅(えんしゅうえき 旧仮名遣:えんしうえき)として開業した。1911年(明治44年)11月1日鴨緑江橋梁が完成した後は満洲に向かう国際列車の停車駅となり、現在でも平壌北京モスクワ間の国際列車の停車駅である。

開業当時、塩州駅〜南新義州駅間は現在の白馬線のルートが京義線で、現在の平義線のルートは多獅島鉄道という路線であった。第二次世界大戦後、朝鮮労働党によって多獅島鉄道は国有化され楊市線となったが、朝鮮戦争後に旧楊市線ルートが平義線の本線となり、従来の本線は白馬線という支線に格下げされた。

隣の駅編集

朝鮮民主主義人民共和国鉄道庁
平義線
東林駅 - 塩州駅 - 内中駅
白馬線
塩州駅 - 良策駅

脚注編集

[脚注の使い方]

参考文献編集

関連項目編集