塩海足尼
時代 古墳時代
生誕 不明
死没 不明
別名 塩海宿禰、塩見宿禰、塩見足尼、塩見足尼命
墓所 甲斐銚子塚古墳
主君 景行天皇倭建命
氏族 甲斐氏
父母 父:臣知津彦命
兄弟 御苗代命
速彦宿禰
テンプレートを表示

塩海足尼(しおみのすくね、しぶみのすくね、しおのみのすくね[1])は、古墳時代豪族で初代甲斐国造

概要編集

古事記』や『先代旧事本紀』「国造本紀」ではその始祖を狭穂彦王としており、日下部連とは同族とされる。

酒折宮の伝承では甲斐国を訪れた日本武尊が酒折宮を発つとき、 「吾行末ここに御霊を留め鎮まり坐すべし」と言って、火打嚢を塩海足尼に授けたとされる。勅を奉戴した塩海足尼がこの火打嚢を御神体として、月見山の中腹に社殿を建てたことが神社の始まりとされる。同神社の由緒や磯貝正義原秀三郎は酒折宮伝承に登場する東国造に任じられた御火焼之老人を塩海足尼に比定する説を唱えているが[2]鈴木真年はこの老人を筑波国造の祖である建許呂命と唱えており[3]宝賀寿男も国造の設置時期から考えて日本武尊の東征時に塩海足尼はまだ老人になっていなかったとしている[4]

塩海足尼は甲斐国内の歴史的神社の創建伝承において数多く登場する。例えば美和神社景行朝大和国大神神社から大三輪明神を勧請し、塩海足尼を祭主として祀っことが起源とされる。金櫻神社は景行天皇四十年に日本武尊が東征の帰路に参詣し、塩海宿禰に社殿の造営を命じたことが起源とされる。神部神社は景行朝に塩海足尼が近江国比叡から勧請したことが起源とされる。中牧神社は景行天皇四十年、日本武尊が東征の際に酒折宮において塩海足尼に勅し、山梨加美郷の中央茅野々丘に創祀させたことが始まりとされる。

また神社の創建伝承に限らず下部温泉の開湯伝説にも登場し、この伝説では塩海足尼が領内巡視の折にたまたま温泉を発見し、「塩部(下部)の湯」と名付けたことが下部温泉の起源とされている[5]

なお塩海足尼の奥津城は年代的にも甲斐銚子塚古墳と見られ[6]、それに先行する大丸山古墳の被葬者は塩海足尼の父である臣知津彦命が想定される[7]

国立神社では国造塩海足尼が祭神として祀られている。

系譜編集

父は狭穂彦王の孫である臣知津彦命で、子は玉緒神を祭祀した速彦宿禰[8]。兄弟には石田公の祖・御苗代命がいる[9]

脚注編集

  1. ^ 酒折宮 公式サイト
  2. ^ 原秀三郎「王権と東方への道」『新版古代の日本⑦ 中部』角川書店、1993年。
  3. ^ 鈴木真年『日本事物原始』。
  4. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年。
  5. ^ 下部」日本温泉協会。
  6. ^ 原秀三郎「王権と東方への道」『新版古代の日本⑦ 中部』角川書店、1993年。
  7. ^ 宝賀寿男「甲斐国造の系譜と一族」『古樹紀之房間』、2016年。
  8. ^ 中田憲信「甲斐国造」『諸系譜』第七冊。
  9. ^ 宝賀寿男「第2章 皇族系氏族 第7節 日下部氏族」『古代氏族系譜集成』上巻、古代氏族研究会、1986年。

関連項目編集