メインメニューを開く

増山 正利(ましやま まさとし、元和9年(1623年) - 寛文2年7月28日1662年9月10日))は、江戸時代前期の大名三河西尾藩初代藩主。長島藩増山家初代。

正室は松平乗寿の娘。子に娘(津軽信政正室)。官位は従五位下、弾正少弼。

生涯編集

青木利長の長男として下野国都賀郡高島村に生まれる。母は増山氏。姉宝樹院徳川家綱の生母)の縁で召し出された。寛永20年(1643年)8月3日、将軍徳川家光御目見する。以後、増山姓を称する。正保2年(1645年)12月2日、蔵米2000俵を支給される。正保3年12月晦日、従五位下・弾正忠に叙任する。

正保4年(1647年)12月5日、相模国高座郡内に新知1万石を与えられた。蔵米2000俵は実弟の那須資弥に与えられた。慶安4年(1651年)6月13日、奏者番に就任する。万治2年(1659年)2月3日、三河西尾2万石に移封された。また、奏者番を解任されて、詰衆に加えられる。

寛文2年(1662年)に40歳で死去した。弟の那須資弥の長男・仙福(増山正弥)が養子として跡を継ぎ、子孫は伊勢長島藩主として代々続いた。