壊血病(かいけつびょう、: scurvy: Skorbut)は、出血性の障害が体内の各器官で生じる病気。成人と小児では多少症状が異なる。

壊血病
Scorbutic gums.jpg
歯間乳頭に発赤・腫脹および出血がみられる。
分類および外部参照情報
診療科・
学術分野
内分泌学
ICD-10 E54
ICD-9-CM 267
OMIM 240400
DiseasesDB 13930
MedlinePlus 000355
eMedicine med/2086 derm/521 ped/2073 radio/628
MeSH D012614

目次

原因と治療法編集

ビタミンCの欠乏によって生じる。ビタミンCは体内のタンパク質を構成するアミノ酸の1つであるヒドロキシプロリンの合成に必須であるため、これが欠乏すると組織間をつなぐコラーゲン象牙質、骨の間充組織の生成と保持に障害を受ける。これがさらに血管等への損傷につながることが原因である。

ビタミンCの投与を行うことによって治療できる(正確には欠乏症による病気なので「発病しなくなる」)。

成人の症状編集

健康な人体には900~1500mgのアスコルビン酸(ビタミンC)が存在しており、体内のアスコルビン酸が500mgを切ると脱力や体重減少、鈍痛に加え、次のような症状が見られる[1]

  • 皮膚粘膜歯肉の出血およびそれに伴うの脱落、変化、これらの影響で息が臭くなる。
  • 創傷治癒の遅れ
  • 低色素性の貧血
  • 感染への抵抗力の減少
  • 古傷が開く、末期になると骨折して治った骨もはがれる。

ただし、上記のように健康な人体には「500mgを切る」までのビタミンCに余裕があるので、これらの症状は3~12か月に及ぶ長期・高度のビタミンC欠乏でないと生じない。 帆船時代の慢性的な壊血病は出帆前からビタミンC欠乏の生活をしていた船員に発生したものである[2]

小児の症状編集

特に生後6~12か月の間に発生し、メレル・バロウ病とも呼ばれる。症状として次のようなものが挙げられる。

歴史編集

壊血病は古代ギリシャ時代に「ジステンパー」名義で類似の症例が知られ、ローマ軍団がヨーロッパ北部を行軍中にこれが発生した記録があるが、明確に壊血病として記録が残るのは15世紀末の帆船時代が始まってからである[脚注 1][3]

この時代ヨーロッパ諸国の新航路開拓が進んだのだが、こうした「新航路」は旧知の陸沿い・島伝いルートを使わずにろくに寄港せず数カ月以上の長期間航海をする物が多く、当時長期間保存がきく食品がビタミンCがほとんどない乾物か塩漬けのものばかりであった[脚注 2]ため、こういった船の乗員に壊血病が蔓延した[脚注 3][4]

問題解決を遅らせた原因として、まずアラビアや中国といった地域では船乗りが多くても壊血病が少ない(ヨーロッパでもノルウェーの船員は壊血病にあまりならなかった)のに対し、ポルトガル・スペイン・フランス・イギリス・ロシアの船員には蔓延するなど場所により流行が違った事があった。これはあまり壊血病にかからない地方の船乗りは航路の都合でこまめに新鮮な食品を港によって補給していたが、該当諸国では大航海時代の到来で船の大型化と航海の長期化が著しく、壊血病の阻止ができるほど十分な量の新鮮な食品を積めなかったためであった[5]

さらに問題解決を遅らせる原因としてビタミンC(アスコルビン酸)の不安定さと、人体は常時必要なものがあってこれが不足することで起きる欠乏症自体が当時知られていなかったことで、野菜や果物のビタミンCは切ったり傷がついたりして空気に触れた場合や加熱調理で多量に失われ、海軍の厨房で多かった銅鍋は銅とアスコルビン酸の反応でさらにビタミンCを奪った[脚注 4]。当時の食品保存の基本の1つである乾燥も大幅にビタミンCを失わせ、例としてビタミンCが豊富なトモシリソウ(英名:「scurvy grass=壊血病の草)などを薬草として積んでさえ、保存のために乾燥させるとビタミンCは極めて微量になるのでこれを煎じて茶のように飲んでも効果がほとんどなかった[脚注 5][6]

また、ザワークラウトのように「保存はそこそこ効くがビタミンCの含有量が少ない(100gあたり10mg程度)食品」の場合、食べ続けていることによって体内のビタミンC減少を抑えて壊血病の予防効果は期待できるが、病気になって(=体内のビタミンCが残りわずかになって)から食べ始めた場合は間に合わないので、「病気でないのに前もって治療に金を使う」という概念が浸透する前の考えでは治療薬にならなかった。[7]

一応それでも17世紀初め頃には経験的に柑橘類が有効だという説が出ており、1601年のイギリスのジェームス・ランカスター(en:James Lancaster)は東インド会社の依頼で4隻の商船隊を率いてインドへ向かった際に、自分の乗っていた船の船員にレモン汁を飲ませてこの船(レッド・ドラゴン号)だけは壊血病による死者が出なかった話(東インドへの航海)など、この頃の船乗りたちで「柑橘類を食った(飲んだ)ら壊血病が治った」という話があちこちで出ていたものの、高価で食べなれないものを明確な根拠もなしに常備するのは困難で、18世紀には航海の長期化も重なり比較的柑橘類が豊富なスペインやポルトガルもレモン果汁は商船の標準積載項目から外されるように成り、医学がなまじ進歩したこともあって医師や科学者たちが古代ギリシャの四体液説などを元に逆に複雑な理屈を考えるようになり、様々な仮説が混乱するようになった[8]

こうした状況を打破するのにつながったのがイギリス海軍のジェームズ・リンドキャプテン・クック、ギルバート・ブレーン(Gilbert Blane)による壊血病対策であったが、いずれも一筋縄でいく問題ではなく模索しながらの解決であった。

1747年にリンドは、食事環境が比較的良好な高級船員の発症者が少ないことに着目し船長(英国の権威ある学会の王室協会特別会員だった)に許可を取ったうえで5月20日から壊血病の重症患者12人を別にし、当時有効とされていた様々な方法(リンゴ酒・硫酸にアルコールを混ぜた液・酢・海水・オレンジとレモン・練り薬[脚注 6]を2人づつ6組にそれぞれ行った)を摂取させ、他は時々症状に応じ酒石酸水素カリウムや下剤・鎮静剤などを服用させた他は普通の食事をとらせ比較し試した結果、「オレンジとレモン」組が一番最初に回復し、6日後(ここで前述の果実が無くなった)には顕著な回復を見せ「斑点は消えておらず歯肉も健康状態ではないが元気になった」とリンドは記録した[脚注 7]。 これにより彼はオレンジレモンを食べることが有効としたが、酸による治療効果と誤解していた節があり1753年に上記の実験などを含めて書いた論文では「オレンジやレモンは大量に酸があるので酢や硫酸などで代替できそうだがこちらは効果がない。(要約)」といった事をわざわざ書き残している他、後に保存しやすいように柑橘類の果汁を煮詰めて濃縮ジュース(ロブ)にしたり、スグリの瓶詰を作った際(双方加熱でだいぶビタミンCが失われていた[脚注 8])にも酸味があるのだから効果があると誤認していた[9]

クックは1768年8月末、南半球の西周り調査航海(通常「1回目の航海」と呼ばれる)に向かったが、この時クックも海軍の方でも壊血病防止に力を入れようとしていたので、様々な対策を練っていくことにし、なるべく船内を衛生的にするため、冷水浴や手洗いを進め、食事の面でも後述の有効とされるものを食べる以外に、新鮮な食料と水をこまめに補給し[脚注 9]、害があるとされたスラッシュ[脚注 10]を食べることを禁止した。壊血病に効くとされる食品としては、麦芽汁[脚注 11]ザワークラウト[脚注 12]ニンジンママレード[脚注 13]マスタードサループ[脚注 14]、即席スープ[脚注 15]、蒸留水、そしてリンドの柑橘類濃縮ジュース(ロブ)などをそろえた[10]

こうした準備が功を奏し壊血病の患者は出たが、それで死亡するものは出ずに済んだ[脚注 16] [11]。 その後もクックは二度長期間の調査航海を続け(三度目の道中でクックは死亡)、どちらも壊血病をさほど出さずに済んだが、いずれも前述の対策がいきなり乗員に受け入れられていたわけではなく、第一回目の航海では乗員は最初ザワークラウトを嫌がったので士官たちの食卓に毎日乗せることにしたり、二回目の航海では部下の船では壊血病が発生して死者が出たため食事の管理を指導するなどの苦労があり、クック自身「如何に健康にいいか分からせるには具体例と指揮官の権威の両方が必要だ」と書き記している [12]。。

これらの航海で壊血病は防げて治療できる病気で、船員の食事に注意すればどうにかなるということはほぼ間違いがなかったが、クック自身はリンドと違い正式に医学や科学を受けていないので比較実験をしなかったので何が有効なのか当人たちもよく分からず、クックと船医の経験的な意見では炭酸水とサループは無効、ニンジンのマーマレードは未使用(つまり無関係)、即席スープはそれ自体の効果より「野菜を入れて食べれるので重宝」として評価した所までははっきりしている[脚注 17]が、肝心の麦芽汁と柑橘類のロブの評価が混乱しており、よく効いたとも効かないとも日誌につけている。

発言者 麦芽汁有効という意見 柑橘類のロブ有効という意見
クック船長 これまでの中で最良の治療である 船医(ジェームス・バッテン)が何度も使い大きな効果があった。
麦芽汁の方は進行を抑えるのには役立ったが治療効果があるとは思えない。
ペリー(1回目の航海の船医) 有効でよく使った、ロブは論外。 ロブは有効、麦芽汁は効かなかった。
バッテン(2回目航海の船医) 麦芽汁が最も優れた治療法だった[脚注 18]

これ以外に第1回目航海に乗り合わせていた植物学者のバンクス卿も、船内の日記では「麦芽汁は毎晩1パイントづつ飲んだが発症、ロブを一日6オンス飲んで1週間で治った。」とロブが有効としか思えないことを書いておきながら、後年「麦芽汁が大いに効果があったはず」などと矛盾したことを書いている[13]

このため航海の支援者でもあったプリングル卿は王立協会でクックが1776年に受賞を受けた際に多忙な本人の代理として出て、クックの日記で麦芽汁が有効だったとするところだけを紹介してしまい、船医が「ロブは大して効き目がなく麦芽汁が確実」とも言っていたと主張した[脚注 19]、さらに単純にロブが高価すぎた[脚注 20]こと、学術研究だったクックの場合と違い戦闘時には不用意に上陸して食料補給ができないので海軍では麦芽汁のみを壊血病対策に採用したこともあり、その後も軍艦では壊血病が続いた[脚注 21][14]

また、1776年の夏に戦争が始まり(アメリカ独立戦争でヨーロッパ諸国がアメリカ側についていた)イギリス近海の防衛のために水兵が増加されたこともあり船内の環境は悪化し、クリストファー・ロイドとジャック・クルーターの『医学と海軍』にて船長たちから慢性的に壊血病(他にチフスも流行)になっている水兵が多いことを嘆く報告が出され、1780年の偵察に近海で8月半ばから約2カ月半海上にとどまっていただけなのに乗員2400人(全体の1/7)が壊血病で倒れて戻る羽目になる事件まで発生した。 もっとも他の国もそれは同じで、これ以前に1779年8月にフランス・スペイン連合艦隊がイギリス海峡で合流して攻撃に向かった際、フランス艦隊の2/3の乗員が壊血病で戦えなくなって帰っていったという惨事まで起きていた[15]

本格的に壊血病対策が進むきっかけになったのは、1780年にギルバート・ブレーンが西インド諸島艦隊の医師[脚注 22]に抜粋されてからで、彼はリンドやクックの資料を集めて部下の船医たちに配布し、全艦隊の統計をとり船ごとの水兵の健康状態を報告させ、これによって海軍本部は病気による戦力消耗と季節ごとの変化を把握できるようになった。 またブレーンはリンドの資料も読んでいたので麦芽汁以外にレモンやオレンジも摂取させ、柑橘類が特に有効と確信し、上層部への嘆願書で「オレンジ・レモン・ライムなどで必ず予防や治療ができる」、「麦芽汁はほとんど効果がない」と主張し、壊血病と直接関係ない所でも水兵たちの衛生環境改善を訴え「健康で働ける戦力こそ国家の資源であり真の意味で戦争の軍資金である」と提言した[脚注 23]、ブレーンは身分も社会的地位も高かったのでただの船医と違い本部も無視できず、戦争終結の1783年までにブレーン本人の統計によるとブレーンの医療管理を受けた軍艦の死亡率が7人に1人から20人に1人と減少し、ロドニー提督はブレーンによる功績だと書簡にしたためた[16]

ブレーンはその後本国に帰り1780年代は聖トマス病院の医師をしていたが、『海上生活者の疾病に関する観察』という本を書き、リンドが数十年前に主張した柑橘類が壊血病に有効という説を再び唱え、1795年に疾病障害局委員に任命された際に1793年に西インド諸島にいった知人の海軍幹部に行った壊血病対策の助言[脚注 24]による23週間無寄港でも壊血病の死者0のデータを見せ、海軍の全船でレモン果汁を「毎日」食料に支給するよう説得した[脚注 25]。 これが最終的に功を奏し、1795年以後は艦隊や船の求めに応じてレモンの支給が決まったがブレーンを筆頭に「全部」に支給することが1799年に決まり、以後はイギリス海軍では壊血病が激減した。例としてハスラー病院(ポーツマス近くにある海軍の病院)では1782年に壊血病の患者が1000人中329人いたのに対し、1799年には1000人中20人にまで減少した。最終的に1815年にハスラー病院で父の後を継いでいたジェームス・リンドの息子が「壊血病は(1000人中ではなく全体で)2人だけ」という報告をしている[17]

こうして壊血病はイギリスでは下火になったが、「なぜ壊血病に柑橘類が有効か?」はまだ分かっておらず(ブレーン本人も壊血病に対する柑橘類による効果について「その力は何によるのか、どう効果を発揮するのか私には分りかねている。」と議論の席で述べている。[18])、数十年ほどすると時々再発生することがあった。

例として19世紀半ばになるとイギリスでは地中海産のレモンの代わりに自国領の西インド諸島産のライム(英語のlimeには柑橘類全般が含まれるので混同されていた)を使うようになったが、レモン果汁の場合一日の配給分は3/4オンス(約21ミリリットル)なので1日10~17mgのビタミンC補給になり、壊血病発生防止のみなら6~12mgでも毎日摂取していれば抑えられる[19]ので酸化によるビタミンC喪失分も考えてもレモン果汁ならどうにかこれを上回れていたが[20]、ライムのビタミンCはレモンの1/2~1/3程度なので保存が悪いと下限の6mgを下回ることがままあり、時々壊血病の再発が見られることがあった。 もっとも飲まないよりは効果はあった事と、航海技術向上もあって次の寄港までの航海日数が減ったこともあり、この違いによる失敗としては1875年イギリスのジョージ・ネアズ(George Nares)による北極探検隊が壊血病に苦しめられた例など、19世紀では長期航海になりやすい極地探検隊や捕鯨船以外ではあまり問題にならなくなってきていた[21]

(ちなみに余談だがイギリス人のことを "ライム野郎 (limey) " と呼ぶアメリカスラングは、イギリス海軍が壊血病予防としてライム果汁(ジュース)を服用していたことに由来する。第二次世界大戦ドイツ兵のことを "キャベツ野郎(kraut)" と言ったのも、イギリス海軍がライムジュースに切り替えた後も、ドイツ海軍がキャベツの漬物であるザワークラウトを採用していたことから同様に生じたスラングである。)

そして壊血病が根本的に解決されたのが20世紀になってビタミンの役目が発見され、モルモットも壊血病になることからこれで実験が行えるようになった結果、柑橘類果汁に含まれる有効成分を単離する事を試みられるようになり、1932年にハンガリーのセント=ジェルジ・アルベルトがウシの副腎から取り出した物質(1927年に発見済み)が、推定されるビタミンC(当時は「水溶性因子C」と呼ばれていた)と似ている性質を持つため、モルモットで実験したところ壊血病を防ぐ事を発見し、翌1933年イギリスのウォルター・ハースがセント=ジェルジから渡された上記の物質の構造を決定しアスコルビン酸と命名、そして同年ポーランドのタデウシュ・ライヒスタインらによりビタミンCを人工的に合成できるようになったことで人間は壊血病に完全に対抗策を取ることが可能になった[22]

脚注編集

  1. ^ 前述のように「ビタミンCを含まないものだけを数十日以上摂取し続ける」という状況で壊血病になるが、これが古代では発生しにくく(飢饉などではそうなる前に餓死する)、船舶においても古代から中世にかけてはどこも数カ月以上陸に上がらないという行為は稀であったため。
  2. ^ 詳しくは なお便宜上「イギリス」とあるが、当時の海軍は大体このような食事であった。
  3. ^ 例としてヴァスコ・ダ・ガマの場合、当時既にインドとの交易に関わっていたイスラム商人の力を借りずに直接インドと交易するため、1498年に140人の乗員で出発したものの途中の港(イスラム商人が利用していた)にきちんと寄港して補給をせず、翌年に帰還した際には半数以上が壊血病で死亡していた
  4. ^ キャベツを普通にゆでた場合、鉄鍋は元の量の1/5のビタミンCが失われるが銅鍋は2/3が失われる。
  5. ^ なお、乾物の例として残存ビタミンCが比較的多い煎茶は100g中に260mgのビタミンCがあるが、これはあくまで「乾燥時」のデータで、緑茶として飲む場合はこれよりはるかに少量の茶葉から出たビタミンCの一部を取ることになるので、実際の摂取は湯のみ1杯で6mg程度である
  6. ^ 「ナツメグ・ニンニク・芥子の種・乾燥大根・ゴム没薬」を混ぜたのを「タマリンドで味付けした麦湯」で飲む
  7. ^ なお、そのほかの組は次点が「リンゴ酒(柑橘類に比べると少量だがビタミンCがあった)」組で「歯肉の腐敗は残るが倦怠感と衰弱が少しよくなった」と悪化を食い止める程度の効能を認めている。あとは「硫酸にアルコールを混ぜた液」組がうがいにより口内が綺麗になったのを除くと効果が無かった。
  8. ^ ロブの場合は100mlにつき、作り立て時点で240mgで1カ月後には60mg(なお、レモンの生の果汁は100mlで50~80mgだが、ロブはこれを1/10程度に煮詰めてあるので元の果汁全部のビタミンCは500mgぐらいだった。)。スグリの瓶詰は原料のスグリが果汁100mlにつきビタミンC50~65mgだが、1か月後にはほぼ0に低下していた。
  9. ^ 前人未到の地でも食べられるものを見極めれるように博物学者を連れて行った。
  10. ^ 塩漬け肉をゆでた際の油、壊血病と直接関係ないが銅鍋でよく茹でであったため酢酸銅が溶けて栄養の吸収を悪くしていた。
  11. ^ 発酵で腐敗防止ができることから体が腐っていくような壊血病にも発酵する物が有効ではないかと考えられた、準備しやすいので海軍では期待していた。
  12. ^ ビタミンCが少しある。
  13. ^ 海軍とベルリンのシュトルヒ男爵が押していた食品で「時々スプーン1杯を水に溶かして飲むと予防と治療に効く」と男爵は言っていた
  14. ^ ランの仲間の根を入れた飲み物
  15. ^ 肉と野菜を塩味で煮詰めた膠のような塊
  16. ^ ただし、壊血病以外の死者は多数出ており、特に終盤バタヴィア港(現在のインドネシアのジャカルタ)でオーストラリアにつく前に起きていた座礁事故の本格修理に2カ月半もかかった際に、クックを含む73人がマラリアと赤痢にかかり「働けるものは士官も入れて20人ほど(クックの日記より)」という悲惨な状況に成り、これ以前に別件で死んでいた3人を合わせて95人中32人が死んだ。
  17. ^ クックは他に「悪い油を取らない」のもいいのではないかと考えバター・チーズなどを廃止するようにも進言した。
  18. ^ 厳密に言うとバッテンのいう治療法は「麦芽汁に即席スープ・ザワークラウト・砂糖・サゴ・スグリなど」を加えると壊血病を抑えられるとしている。バッテン自身は知らなかったが、ザワークラウトにはある程度(100g中10mgほど)、スグリには大量(同50~65mg)にビタミンCが含まれていた。
  19. ^ 前述のように船医のペリーは確かにそうとも言っていたので一応嘘ではない。なお、現在の観点で言うと麦芽汁はビタミンBが豊富にあるので脚気予防には有効だがビタミンCはほとんどないということが分かっている
  20. ^ クック自身も「高価すぎて多量に積めず単独ではなく補助用に使う」と述べている
  21. ^ このため後の歴史学者ジェームス・ワットは仮の話であってもクックが麦芽汁を保証したことは「重大な過失」と評価している
  22. ^ 個々の船の船医より格上、彼はそれまで海軍とも船医とも直接関係なかったが名門貴族の出でグラスゴー医科大学を出ており、これ以前から「提督の個人的な医者」としてロドニー提督に同行していた。
  23. ^ 当時ブレーンが調べたところ1年間で1万2019人中、壊血病以外も入れて病気で1518人死亡し、これは軍艦3隻分の乗員であった。
  24. ^ 「毎日レモン果汁を2/3オンスに砂糖2オンスを加えて酒にいれたものを飲ませ、壊血病が出た時はレモン果汁を増やす。」というもの、重要なところは「病気になったら取らせる」ではなく「毎日とらせて予防」させたところにある。
  25. ^ このため19世紀初頭になるとイギリス海軍でのレモン消費量が年間5万ガロン(約1万1000リットル)になり、保存法も果汁はオリーブ油を塗った樽に固く栓をして密閉し、完全ではないが壊血病を食い止める程度のビタミンCを残し、レモンそのものは塩を付け紙でくるんで軽い木枠に貯蔵したり海水やオリーブ油につけ、船の上で絞って酒に入れるようになった。

出典編集

参考文献編集

  • スティーブン・R・バウン 『壊血病-医学の謎に挑んだ男たち』 小林雅子訳、株式会社国書刊行会、2014年ISBN 978-4-336-05799-0
  • 石神昭人 『ビタミンCの事典』 株式会社 東京堂出版、2011年ISBN 978-4-490-10810-1
  • ヘレナ・アトレー 『柑橘類と文明 マフィアを産んだシチリアレモンから、ノーベル賞を取った壊血病薬まで』 三木直子訳、築地書簡株式会社、2015年ISBN 978-4-8067-1493-4

関連項目編集