メインメニューを開く

夕暮まで』(ゆうぐれまで)は、吉行淳之介の連作中編小説。また、それを原作とした1980年公開の日本映画

夕暮まで
監督 黒木和雄
脚本 浜地一郎
田辺泰志
原作 吉行淳之介
製作 三浦波夫
出演者 桃井かおり
音楽 松村禎三
撮影 鈴木達夫
編集 鈴木晄
製作会社 アート・センター
配給 東宝
公開 日本の旗 1980年9月20日
上映時間 110分
製作国 日本の旗 日本
テンプレートを表示

小説編集

1978年に新潮社より刊行され、野間文芸賞を受賞した。1965年以来発表された短編を集めたもので、「公園にて」、「網目のなか」(『新潮』1971年11月)、「傷」(『群像』1976年10月)、「血」(『新潮』1977年7月)、「すでにそこにある黒」(『海』1977年12月)、「夕暮まで」(『新潮』1978年5月)からなる。

杉子という若い女性と主人公の男との交渉を描いたものだが、杉子は性行為をしながら最後の一線を許さず、オリーブオイルを塗った「すまた」で終わらせる。この設定が話題となり中年男性と若い女性の愛人カップルを指して「夕暮れ族」という流行語を生んだ。

筒見待子愛人バンク夕ぐれ族」(1982年摘発)は、この流行語に便乗したものと思われるが、作品内容と直接の関係はない。

映画編集

黒木和雄監督、1980年9月20日公開の日本映画

キャスト編集

外部リンク編集