外国語放送(がいこくごほうそう)は、基幹放送の一種である。

定義編集

総務省令放送法施行規則別表第5号(注)11に「外国語による放送を通じて国際交流に資する放送」と規定 [1] している。 この注は同表の「7放送番組による基幹放送の区分(4)外国語放送」に対するものである。

概要編集

1995年(平成7年)1月におきた阪神・淡路大震災英語以外の外国人に対する情報提供の不足により制度化された。

放送対象地域は、総務省告示基幹放送普及計画に、超短波放送FM放送)により東京都特別区名古屋市大阪市及び福岡市をそれぞれ中心した区域として総務大臣が別に定める区域に行うとしている。 具体的な地域は総務省告示 [2] によるが、他の民放FM局(都道府県単位が対象)とは異なり、特別区国際空港が対象で複数の都府県に跨っている。 放送対象地域で良好に受信できるようにするには、小電力の中継局を多数設置するよりも送信所を大電力化した方が効率的であるので実質的に広域放送がされている。

呼出符号(コールサイン)はいずれも「JO*W-FM」で他の民放FM局(「JO*U-FM」または「JO*V-FM」(*は英字、但し既に中波放送局の中継局として使われているものは除く。))と区別できる。

放送事業者編集

バブル期以降に開局し、収益を支えるスポンサーが集まらないなど経営難が続いている。 名古屋市で開局した愛知国際放送(Radio-i)とInterFM NAGOYA(後にRadio NEOと改称)は2代続けて廃局している。 他の3社も開業時と出資者が変わるなど予断を許さない状況である。

その他編集

一般的には、自国内に滞在する外国人や、国外の自国民以外の人々を対象とする放送も外国語放送と呼ばれている。 日本では日本放送協会 (NHK) が外国向けに「NHKワールド・ラジオ日本」と称して実施している。 この内、ニュースラジオ第2放送でも放送している。

在日米軍向けのAFN(American Forces Network-米軍放送)も日本人にとっては外国語放送である。

関連項目編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 平成7年郵政省令第4号による放送法施行規則改正により別表第1号(注)15に規定、平成23年総務省令第62号による放送法施行規則改正により別表第5号(注)11に規定
  2. ^ 平成7年郵政省告示第52号 放送普及基本計画第2の2の(1)のウの規定による一般放送事業者の行う超短波放送のうちの外国語放送を行う放送局の放送対象地域 総務省電波利用ホームページ - 総務省電波関係法令集