外山光顕
時代 江戸時代前期 - 中期
生誕 慶安5年7月7日1652年8月10日
死没 元文3年4月13日1738年5月31日
改名 宣勝(初名)→光顕
別名 一字名:仙
官位 正二位権大納言
主君 霊元天皇東山天皇中御門天皇
氏族 藤原北家日野家庶流外山家
父母 父:日野弘資
兄弟 日野資茂光顕豊岡有尚日野輝光豊岡弘昌
養兄弟:清心院
光和長澤資親豊岡光全
テンプレートを表示

外山 光顕(とやま みつあき)は、江戸時代前期から中期にかけての公卿日野家31代・日野弘資の子。官位正二位権大納言。日野家の分流・外山家の祖。

経歴編集

万治3年(1660年)に叙爵してから累進し、貞享2年(1685年)に従三位となり公卿に列する。左兵衛権佐参議、歌踏節会外弁、権中納言などを歴任し、享保16年(1731年)に権大納言となった。和歌書画に精通していた。

元文3年(1738年)、薨去。

先代:
  -  
外山家
初代当主
次代:
外山光和