多田義俊

1698-1750, 江戸時代中期の国学者、有職故実家。浮世絵草紙作家としては多田南嶺と称した。

多田 義俊(ただ よしとし、元禄11年(1698年) - 寛延3年9月13日1750年10月12日))は、江戸時代国学者有職故実家。浮世絵草紙作家としては多田南嶺と称す。正式な名乗りは多田兵部源満泰多田満仲の後裔という。別姓は桂。号は春塘、秋斎など。壺井義知に有職故実を学ぶ。

著書編集

  • 『武家故実奥儀伝』
  • 『神学在疑録』
  • 『旧事紀偽書証考』
  • 『南嶺遺稿』
  • 『職原鈔弁講』
  • 『神明憑談』

文献編集