夜が明けて

夜が明けて」(よがあけて)は、1971年10月21日に発売された坂本スミ子のシングル。

夜が明けて
坂本スミ子シングル
初出アルバム『坂本スミ子 ファースト・ゴールデン・アルバム 夜が明けて』
B面 待ちわびて
リリース
規格 シングルレコード
ジャンル 歌謡曲
時間
レーベル CBSソニー
作詞・作曲 なかにし礼(作詞)
筒美京平(作曲)
プロデュース 酒井政利
チャート最高順位
  • 週間14位(オリコン
  • 1972年度年間69位(オリコン)
坂本スミ子 シングル 年表
不明 夜が明けて
(1971年)
浮雲
(1972年)
テンプレートを表示

目次

概要編集

1971年、CBSソニー(現・ソニー・ミュージックエンタテインメント)に移籍した坂本の第一弾シングル。日音村上司とCBSソニーのディレクター・酒井政利とのコラボレーションにより生まれた作品である[1]。二人は前年(1970年)に発売された朝丘雪路の「雨がやんだら」に制作にも携わりヒットを記録。ヒット曲から遠ざかっていた朝丘を歌手として再生させており、それ以降、カムバックを望むベテラン女性歌手達からプロデュースの依頼が殺到していた[1]

村上は歌手として低迷していた坂本のシングルの作詞作曲に、「雨がやんだら」と同じく、なかにし礼筒美京平を起用する。なかにしは「ぬけがら」「たばこのけむり」「かみの毛」「すいがら」「くちびる」「おんな」「ひとり」など、本来漢字で書ける単語を意識的にひらがなで書き[2][3]、別れの哀しさを歌った歌詞に仕上げる[3]。筒美は全体をアンデスフォルクローレをフィーチャーした歌謡曲に仕上げ[1]、アレンジの面では、チャランゴケーナといった民族楽器のサウンドを、12弦及びガット弦の生ギターとリコーダーシミュレートし、作品を完成させる[1]

本作はチャート最高位14位、25週にわたりチャートインするロングセールスを記録し[4]、坂本にとって久々のシングルヒットとなった。

収録曲編集

  1. 夜が明けて
  2. 待ちわびて
    両曲とも、作詞:なかにし礼/作曲・編曲:筒美京平

収録アルバム編集

  • 坂本スミ子 ファースト・ゴールデン・アルバム 夜が明けて (#1、#2)
  • 坂本スミ子 ゴールデン・アルバム 女と言う名の汽車 (#1)
  • ビバ!ハリウッド 坂本スミ子 (#1)
他多数

カバー編集

夜が明けて
待ちわびて

脚注編集

  1. ^ a b c d 榊ひろと 『筒美京平ヒットストーリー 1967‐1998』 白夜書房1998年、62項。ISBN 4-89-367563-X
  2. ^ 坂本スミ子/歌詞:夜が明けて”. うたまっぷ. 2015年2月20日閲覧。
  3. ^ a b 渚ようこインタビュー”. MUSICSHELF. 2015年2月20日閲覧。
  4. ^ 『オリコンチャート・ブック アーティスト編』 オリジナルコンフィデンス1988年、141項。ISBN 4-87-131021-3
  5. ^ ボーカル・前野曜子

関連項目編集