メインメニューを開く

戸川 純(とがわ じゅん、1961年3月31日 - )は、日本の女優・歌手である。歌手としてはゲルニカヤプーズなど、またはソロのヴォーカリストとして活動している。本名は戸川 順子(とがわ じゅんこ)。東京都新宿区出身[2][3][4]。女優の戸川京子は妹。

戸川 純
生誕 (1961-03-31) 1961年3月31日(57歳)
出身地 日本の旗 日本 東京都新宿区
学歴 関東学院大学文学部英米文学科[1]中退。
ジャンル 歌謡曲
J-POP
アバンギャルド
ニュー・ウェイヴ
テクノポップ
職業 女優
歌手
活動期間 1979年 -
レーベル アルファレコード
1982年 - 1987年
テイチクエンタテインメント
(1987年 - 1990年
東芝EMI
1991年 - 1992年
コロムビア
1995年 - 1996年
God Mountain
2000年 - 2004年
ソニー・ミュージックダイレクト[注 1]
共同作業者 ゲルニカ
ヤプーズ
東口トルエンズ

目次

人物編集

子役経験を経て1980年にテレビドラマデビューを果たし、個性的なキャラクターでテレビ映画CMなどに出演[3][4]女優タレント歌手など、多方面で活躍する。

女優としてはその個性を活かした特異な役柄でテレビドラマ・映画・舞台などで多数の作品に出演。映画『パラダイス・ビュー』『ウンタマギルー』のような先鋭的なインディーズ作品へ出演する一方、松竹映画の『男はつらいよ』や『釣りバカ日誌』といった国民的なメジャー作品シリーズにも出演している[5][6]

CMタレントとしては衛生設備メーカーTOTOの画期的な新製品(当時)「ウォシュレット」のCMキャラクターに起用されたことで全国的にその存在を知られるようになる[4]。本人出演のテレビCMの「おしりだって洗ってほしい」「あなたのおしりを洗いたい」のキャッチコピーが話題を呼び、注目を集めた。またバラエティタレントとして『森田一義アワー 笑っていいとも!』に出演したり番組MCを担当したりした。

女優業・タレント業と並行して音楽活動も展開。ゲルニカヤプーズなどのバンドでボーカルや作詞を担当して1980年代を"ニューウェイブの歌姫"としてセンセーショナルに駆け抜け、その後も歌手としての活動を続ける[3][4][5][6]

もともとは女優志望でミュージシャンになるつもりはなかったが、ロック・カフェ「NYLON100%」で彼女がよく歌っていた李香蘭の「蘇州夜曲」を上野耕路が気に入り、ゲルニカが結成されることになった[7]。その後、ソロ歌手としてもデビューを果たす。

経歴編集

高校卒業まで編集

日本テレビのバラエティ『巨泉×前武ゲバゲバ90分!』をみて芸能界を志望。妹の戸川京子とともに小学校在学中に劇団ひまわりに入る。当初はエキストラ役が多かったが、小学五年生のとき、新国劇『王将』に子役として舞台に上がり、辰巳柳太郎の娘役を演じる。この経験から、本格的に芝居をやりたいとの気持ちを抱く。しかし、学校が休みがちになるのを家族が懸念したことにより、劇団を辞める。家族からは大学生になったらまた芝居をやって良いと言われる[8]

高校時代では演劇部に所属。部ではシェークスピアの作品等を扱う。

1980年代 - 1990年代編集

1982年に『刑事ヨロシク』で初めてレギュラーで警察署のお茶汲み役「西ツヤ」を演じる。同年、YAMAHAエレクトーンのテレビCM出演を経て9月にTOTO「ウォシュレット」のCMに出演、お茶の間にインパクトを与える[4]。また同年6月、細野晴臣プロデュースで「ゲルニカ」の『改造への躍動』でボーカリストとしてアルバム・デビュー。1983年5月にはバンド「戸川純とヤプーズ」名義でライブ・デビュー。ボーカルを担当し、その独特な世界観と圧倒的なライブパフォーマンスで話題になる。1984年にアルバム『玉姫様』でソロ・デビュー[3]。同年、戸川純とヤプーズとして「裏玉姫」をリリース[3]。1985年には戸川純ユニットとして「極東慰安唱歌」発表[3]。独特な感性を活かし、以降は作詞も行う。その後も、長きに渡り様々なバンドでボーカルを務める。

以上の活動からメディアの関心も高まる。1984年には『森田一義アワー 笑っていいとも!』や「徹子の部屋』などの人気番組に相次いで出演。雑誌『宝島』でも特集が組まれるなど人気を博す。この年以降も上記2つの番組に加え、『11PM』『さんまのまんま』『加トちゃんケンちゃんごきげんテレビ』『パラダイスGoGo!!』等々、数々の番組に出演した。1985年にはNHKみんなのうた東京放送児童合唱団と共演した「ラジャ・マハラジャー」が放送され、人気となった。

1990年代から女優としての活動が比重を増す。すでにその個性を活かしたテレビドラマでの特異な役柄や、『パラダイス・ビュー』『ウンタマギルー』のような先鋭的なインディーズ作品への出演を果たしていたが、松竹映画のメジャー作『男はつらいよ』『釣りバカ日誌』の両作にも出演するなど活躍した。

1995年11月、当時の所属事務所への方向性や金銭を巡る不信、バンドメンバーの脱退、ライブビデオの編集(無断発売)などの度重なる人間関係のトラブルを苦に、自宅マンションにて首を剃刀で切り自殺を図る。幸い頸動脈に達していなかったことから一命を取り留めた。自傷時に流れ出た血液で部屋の壁に「皆憎」という文字を書いたなどの話題でマスコミを騒がす。

1998年から「ヤプーズ」として活動を再開。

2000年以降編集

2006年2月22日、完全限定生産で、ソニー・ミュージックダイレクトより、アルファレコード時代の戸川純関連アルバム9作(ゲルニカのデビュー・アルバム『改造への躍動』、ソロ作品『玉姫様』他、上野耕路戸川京子作品含む)がデジタルリマスタリングされた音源に帯、レコードレーベル、歌詞カード等忠実に再現された、紙ジャケット仕様で復刻された。また同時に戸川純関連映像作品2作もDVDで復刻された。

2006年、足と腰を負傷して入院。10月に予定されていたライブが延期になる。

2007年12月23日よりウェブラジオサイト『オールニートニッポン』より、パフォーマンス集団「こわれ者の祭典」の代表人月乃光司と共にウェブラジオ『ハート温泉』のパーソナリティを務めていた(2008年12月末をもって放送終了)。

2008年7月9日『TOGAWA LEGEND SELF SELECT BEST & RARE 1980-2007』(GT MUSIC) 発売。当初は2月20日にリリースする予定だったが延期、戸川によると版権問題が大変なことになり延期したと語る。

2009年6月現在、初の長編小説を執筆中。また、詩集の刊行が予定されている。

2009年7月22日、芸能生活30周年記念として、テイチク時代の作品をまとめた9枚組BOX『TEICHIKU WORKS JUN TOGAWA〜30TH ANNIVERSARY〜』をテイチクエンタテインメントより、ナンバリング入り完全限定生産で発売した。

2010年に公開の映画『名前のない女たち』では主題歌として「バージンブルース」が使用された。

2010年12月1日『ロマンチスト〜THE STALIN・遠藤ミチロウTribute Album〜』(アリオラ・ジャパン)に参加。遠藤ミチロウの「カノン」をカヴァー。

2011年5月11日、2006年に限定生産で発売したアルファレコード時代の戸川純関連アルバム7作が、Blu-spec CD化し、2006年盤と同じ紙ジャケット仕様で、ソニー・ミュージックダイレクトより再発売された。

2012年7月14日公開の映画『ヘルタースケルター』では挿入歌として「蛹化の女」が使用された。同年7月25日には、同映画の監督選曲のベストアルバム『蛹化の女〜蜷川実花セレクション』(ソニー・ミュージックダイレクト)を発売。

2012年10月24日、ヤプーズ『ヤプーズ計画』(SHM-CD)、ソロ『昭和享年』(SHM-CD)、ヤプーズ『ヤプーズ計画 LIVE&CLIP+2』(DVD)、東口トルエンズ『東口DVD』(DVD)の4作品が、2009年のBOX『TEICHIKU WORKS JUN TOGAWA〜30TH ANNIVERSARY〜』から、単体で、SHM-CD/紙ジャケット仕様そのままに、新たに2012年椎名宗之(ルーフトップ編集局長)による4作品トータル解説が各作品封入して、完全限定生産で再発売された。

2014年4月9日VampilliaのCD『the divine move』にゲスト参加。(2曲)

2016年、ゲルニカ結成から数えて、歌手活動35周年を迎える。それまでのソロ活動に加えて、「戸川階段」「戸川純 avec おおくぼけい」「戸川純 with Vampillia」という3つのプロジェクトをスタートさせる[9]1月20日、「非常階段×戸川純」名義で非常階段とのコラボアルバム『戸川階段』発売[注 2][10]11月25日、初の全歌詞解説集となる単行本『戸川純全歌詞解説集』発売。12月14日、“戸川純 with Vampillia”名義で、歌手活動35周年記念作品『わたしが鳴こうホトトギス』発売[注 3][11]

2017年2月14日、ネット配信のDOMMUNEで、戸川純の芸能生活35周年特別番組「疾風怒濤きょうは晴れ」が生配信され、先述の騒動によりメディアから姿を消して以来22年ぶりに番組に出演した[9]

2018年9月、中国・上海の上海ラグビーフットボールクラブで開催された音楽フェス「Concrete & Grass Music Festival 2018」に「戸川純 with Vampillia」として出演[12]。同年11月21日、アーバンギャルドのおおくぼけいとのユニット「戸川純 avec おおくぼけい」名義による1stアルバム『Jun Togawa avec Kei Ookubo』をリリース[13]

エピソード編集

  • 笑っていいとも!』の1コーナー「オレンジスキャンダル」で話題を呼ぶ。このコーナーは視聴者から寄せられた男女関係の相談に対し答えるというもの。タモリ兵藤ゆきの丁々発止の論議の合間に戸川が独特のリズムで意見を入れるやり取りのコーナーであった。
  • 芸能界入りの動機として「小さい頃いじめられっ子だったので、(出世して)見返してやろうと思った」と語った。小学生の頃は原節子のような女優になると思っており、役者を志望する動機となったのは、テレビで大辻伺郎の演技をテレビで見てフッと決心したことだったという[14]
  • 厳格な家庭で高校生までは門限は平日17時、日曜日は外出禁止であり、思うように外出できず、また憧れの芝居にも十分に取り組めない中、62キロまで太った。大学に入学した1979年から門限平日20時、日曜日も外出可能となり[15]、映画を見るため出かけていた日比谷公園で、たまたま、後にゲルニカでコンビを組む上野耕路が所属していたパンク・バンド「8 1/2」と出逢い、彼らが出入りしていた渋谷の伝説的ロック・カフェ「NYLON100%」に入り浸るようになる[7]
  • 芸能界で活動するようになったとき、「芸能人はこうでなければ」等々、勝手に様々な制約を背負い込み、それが大きなプレッシャーになった[16]
  • 1980年代初頭は、山崎春美率いるバンド「TACO」のボーカリストであったロリータ順子(1987年死去)と個人的に親交が深かった。2015年11月17日、新宿LOFTで行われたTACOおよびガセネタ本格再始動ライブ「SHINDACO~死んだ子の齢だけは数えておかねばならない」では戸川がロリータ順子役として参加。
  • 1982年に『刑事ヨロシク』で初めてレギュラーの役を演じる。警察署少年特捜班のお茶汲み員の「西ツヤ」を本人はこの役は「性格のよい子」であるとし、とても気に入っていた[14]
  • 話のリズムや作品世界から、「変わっている」「個性的だ」との評価を受けることが多い。しかし、なかには「わざと個性的であるかのように見せている」「ネクラや病気を売りにしている」との誤解もあり、戸川本人はそうした誤解に苦しんだ[16]
  • 自分とは違う人物になりきることが出来る点に芝居の魅力を見いだしている。また、ライブでの一見奇抜な衣装も、作品世界の様々な状況における人物になりきりたいという変身願望に基づいている[16]
  • 自分の中に複数の人格が存在しているのではと感じており、どれもが自分の姿ではあるが、状況によってどの人格が出てくるかが異なると考えている。そのためか、撮影現場での自分の様子等を後日他人から話されると驚くことがある。様々な衣装で扮装するのが好きなのも、特定の何者かになりきることが出来るからである[16]
  • 話し方に独特の間があるため、トークではその場が水を打ったような静けさになることがある。その間に聴き手が予想する答えと実際の答えが異なることが多く、これが聴き手を驚かせたり笑わせたりする要因であるといわれる。しかし、1人でしゃべるときはこの間があまり出ない[16]
  • 1990年に椎間板ヘルニアのため2か月ほど入院する。その間、髪を三つ編みにするなど、薄幸の少女になりきろうとしたが、治療のため病室用浴衣を後ろ前に着ざるを得ず、薄幸の少女にはなりきれなかった[17]
  • 不思議少女」キャラだと誤解されるため、周囲にその種の女性が寄って来ることが多いことを嫌悪している[16]
  • 香山リカの1980年代回顧本『ポケットは80年代がいっぱい』に、デビュー前の戸川は「クリスタル族の女子大生」として登場している。しかし、イケイケギャル風に描かれているので戸川本人はちょっと違うのではないかと思いつつ作品に登場させてくれたのは光栄に思っている。

参加した音楽グループ編集

ゲルニカ
歌唱担当の戸川純、作曲・編曲・キーボード担当の上野耕路、作詞・ステージデザイン・コンセプト担当の太田螢一の3人によるユニットで、プロデュースは細野晴臣。
ヤプーズ(戸川純とヤプーズ)
戸川純が中心となって結成したバンド。
戸川純ユニット
歌唱担当の戸川純、サウンドプロデュース担当の吉川洋一郎(ヤプーズのキーボーディスト)、レコーディングエンジニアの飯尾芳史(アルファレコードのエンジニア)の3人によるユニット。「極東慰安唱歌」をリリース。
東口トルエンズ
戸川純(ボーカル)と山本久土(ボーカル・アコースティックギター)によるデュオ
非常階段×戸川純
ノイズバンド・非常階段とのコラボ・ユニット[18]
戸川純 with Vampillia
戸川純とロックバンド・Vampillia(ヴァンピリア)によるバンド。Vampilliaはアレンジと演奏を担当[19]
戸川純 avec おおくぼけい
戸川純とおおくぼけい(アーバンギャルド)によるユニット[20]

主な出演作品編集

映画編集

舞台編集

テレビドラマ編集

テレビバラエティ編集

ラジオ編集

テレビCM編集

音楽作品編集

書籍編集

写真集編集

  • JUN TOGAWA AS A PIECE OF FRESH(1988年、勁文社 ISBN 9784766908213/2005年ブッキングより「Jun Togawa as only a lump of meat」と改題し再刊 ISBN 4835441982

脚注編集

注釈編集

  1. ^ 所属はしていないが、アルファレコードから原版使用権が委託されたため。
  2. ^ ベストやオムニバス作品参加以外の戸川の新録作品としては12年振りとなる。
  3. ^ この作品は過去の楽曲の新録音と12年振りの新曲となる「わたしが鳴こうホトトギス」を収録したアルバムとなっている。

出典編集

  1. ^ 週刊現代 1984年6月16日号 206-207頁。
  2. ^ 東京人 1994年4月号 戸川純インタビュー。
  3. ^ a b c d e f 戸川 純プロフィール”. テイチクエンタテインメント オフィシャルサイト. 2018年11月8日閲覧。
  4. ^ a b c d e 戸川 純 プロフィール”. ソニーミュージック オフィシャルサイト. 2018年11月8日閲覧。
  5. ^ a b 純粋でチャーミングな戸川純に現在の心境やファッション&美の秘訣も(!?)たっぷり聞いてきた♡”. 耳マン. リットーミュージック (2016年12月26日). 2018年11月7日閲覧。
  6. ^ a b 世間に誤解されてきた戸川純、貪欲に生き抜いてきた35年を語る”. CINRA.NET (2016年12月27日). 2018年11月7日閲覧。
  7. ^ a b ばるぼら著『NYLON100% 80年代渋谷発ポップ・カルチャーの源流』(アスペクト)収録の戸川へのインタビューより。
  8. ^ 朝日ジャーナル 1984年9月14日号 47-51頁「若者たちの神々 戸川純」。
  9. ^ a b 必見! 2月14日、戸川純ついにDOMMUNEに登場!”. Ele-king. Pヴァイン (2017年2月13日). 2018年11月7日閲覧。
  10. ^ 非常階段×戸川純コラボアルバム「戸川階段」であの曲をノイズ化”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年1月19日). 2018年11月7日閲覧。
  11. ^ 戸川純35周年盤、Vampillia迎えて新録&新曲「わたしが鳴こうホトトギス」”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2016年10月14日). 2018年11月7日閲覧。
  12. ^ 戸川純のライブ映像11年ぶり公開、熱狂と興奮に包まれる上海のオーディエンス”. 音楽ナタリー (2018年10月19日). 2018年11月8日閲覧。
  13. ^ 非常戸川純とおおくぼけいによるユニット、1stアルバム発売”. 音楽ナタリー. 株式会社ナターシャ (2018年10月12日). 2018年11月7日閲覧。
  14. ^ a b Seventeen 1983年6月2日号 54-55頁。
  15. ^ 婦人公論 1999年2月7日号 32-33ページ「父と過ごした時間」。
  16. ^ a b c d e f 朝日ジャーナル 臨時増刊1987年4月20日号 86-89頁 戸川純インタビュー。
  17. ^ Teichiku「Jun Togawa 30th Anniversary 純愛」
  18. ^ 非常階段×戸川純コラボアルバム「戸川階段」であの曲をノイズ化”. 音楽ナタリー (2016年1月19日). 2018年11月8日閲覧。
  19. ^ 戸川純35周年盤、Vampillia迎えて新録&新曲「わたしが鳴こうホトトギス」”. 音楽ナタリー (2016年10月14日). 2018年11月8日閲覧。
  20. ^ 戸川純とおおくぼけいによるユニット、1stアルバム発売”. 音楽ナタリー (2018年10月12日). 2018年11月8日閲覧。

参考文献編集

  • 樹液すする、私は虫の女 (1984年、勁文社
  • 戸川純の気持ち(宝島編集部編、1984年、JICC出版局
  • JUN TOGAWA GOES ON 〜ROOFTOP SPECIAL ISSUE〜 (2013年、Loft Project
  • テレビブロス『wikipedia本人確認 ウィキ道』 (2018年12月号、東京ニュース通信社

関連項目編集

  • 遠藤ミチロウ アルバム「I.MY.ME:AMAMI」で「蛹化の女〜パンク蛹化の女」をカヴァー。LIVE DVD「Just Like a Boy」には、戸川純と共演した「21世紀のニューじじい」が収録された。
  • 後藤まりこ - 「平成の戸川純」と評され、新宿ロフトで「激突!戸川純VS後藤まりこ After the Drive to 2010」なるタイマン勝負イベントが行われた。後藤は公演後に『戸川さん、凄かった。直視できんかった。ほんま、凄かった。僕、彼女に、影響、受けてしまいそうやから、見たり、聴いたり、せんようにします。ほんま、凄かった。戸川純、とゆう人を、今まで、見ていなくて、よかった、と思いました。もし、見てたら、僕、影響、受けまくってた、と思います。かっこよかった。』などの感想を涙を流し語っていた。
  • 神聖かまってちゃん -G.Voの子がファンであり、影響を受けていることを公言している。また戸川純もバンドを評価している。
  • 月乃光司 - 月乃の対談集に登場。また、ネットラジオ「オールニートニッポン」で、二人で、お悩み相談番組「ハート温泉」を放送。
  • 寺田創一 - 廃盤アルバム「KIMIGAYO」収録曲を昭和享年ライブオープニングで使用。「いかしたベイビー」でも使用。
  • 8 1/2 (バンド)(ハッカニブンノイチ) - 「少年たち」、「踊れない」、「戒厳令」は8 1/2由来。所属の泉水敏郎「LIFE STYLE」のアルバムに参加。
  • パール兄弟 - ハルメンズ時代から交流が深い
  • ハルメンズ - 2ndアルバム「20世紀」にボーカルとして参加。また「レーダーマン」、「電車でGO」、「母子受精」、「昆虫群」(カバー曲名は「昆虫軍」)等の楽曲を多数カバーする。戸川がハルメンズのファンであったため。
  • BiS階段 -非常階段BiSの合体ユニット。avex traxから「好き好き大好き」のカヴァーをリリースしている。
  • 平沢進 - 戸川は平沢の数々の楽曲に参加、逆に平沢もヤプーズに楽曲提供を行なう。
  • 泯比沙子 - 「戸川純の再来」「博多の戸川純」など話題となる。デビューアルバム「LOVE&WAR」のレコーディングにはその当時ヤプーズに在籍していた吉川洋一郎と比賀江隆男、後に戸川純バンドやトリコミに在籍するホアチョなども参加。
  • ロリータ18号 - アルバム「NUTS THE ANIMAL」で「パンク蛹化の女」をカヴァー。

外部リンク編集