メインメニューを開く

大三東村

日本の長崎県南高来郡にあった村

大三東村(おおみさきむら)は、長崎県島原半島にあった村。南高来郡に属した。1955年(昭和30年)に北隣[1]湯江村と合併し、有明村となった。

おおみさきむら
大三東村
廃止日 1955年4月1日
廃止理由 新設合併
大三東村湯江村有明村
現在の自治体 島原市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
南高来郡
総人口 8,585
国勢調査、1950年)
隣接自治体 南高来郡多比良町湯江村三会村
大三東村役場
所在地 長崎県南高来郡大三東村大字東空閑丙
 表示 ウィキプロジェクト

現在の島原市有明地区の南部にあたる。

目次

地理編集

島原半島の北東部に位置する。

  • 山:舞岳
  • 河川:金洗川、松尾川、今茂川、江崎川、城ノ江川、徳持川、才木川、大野川

沿革編集

地名編集

を行政区域とする。また、名の名称に大字(三之沢・東空閑・大野)を冠する。
なお、大三東村では名の名称を十干に置き換えて表記する。

大字三之沢(みつのさわ)
  • 甲 / 松崎名
  • 乙 / 小原名(おはる)
大字東空閑(ひがしこが)
  • 丙 / 浜口名
  • 丁 / 苅木名
大字大野
  • 戊 / 大野名[2]

交通編集

鉄道編集

島原鉄道

(湯江村) - 大三東駅 - 松尾町駅 - (三会村)

大三東村出身の著名人編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 市町村変遷パラパラ地図 完全版 長崎県 1955年3月31日
  2. ^ 大字大野の全域をもって1名とするが、『長崎県南高来郡町村要覧.上編』の「大三東村」の頁では、大字大野に存在する名として下組名・中組名・甘木名の3名が記載されている。

参考文献編集

関連項目編集