メインメニューを開く

大久保鉄作

日本の政治家
大久保鉄作

大久保 鉄作(おおくぼ てっさく、嘉永3年11月28日[1]1850年12月31日) – 大正10年(1921年7月5日[2])は、衆議院議員立憲政友会)、秋田市長

経歴編集

久保田藩士大久保盛実の子として生まれる[1]漢学を学んだ後、東京に出て1875年明治8年)より朝野新聞の記者となった[3]。帰郷後の1881年(明治14年)に秋田日報を創刊し、1883年(明治16年)に秋田改進党を結成した[3]。同年、秋田県会議員に選ばれ、後に議長に就任した[4]後藤象二郎大同団結運動を唱えると、これに呼応して東北九州連合の必要性を説いて、精力的に活動した[4]

1898年(明治31年)、第6回衆議院議員総選挙に出馬し、当選。1903年(明治36年)の第8回衆議院議員総選挙でも再選された。

1906年(明治39年)、秋田市長に選出され、1916年(大正5年)まで在任した。

脚注編集

  1. ^ a b 『人事興信録』
  2. ^ 『政治家人名事典』
  3. ^ a b 『秋田県管内名士列伝』
  4. ^ a b 『明治新立志編』

参考文献編集

  • 渡辺真英『国会準備 秋田県管内名士列伝』北辰堂、1890年。
  • 篠田正作『明治新立志編』鍾美堂、1891年。
  • 人事興信所編『人事興信録 第4版』人事興信所、1915年。
  • 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』日外アソシエーツ、2003年。


公職
先代:
野口能毅
  秋田市長
7代:1906年 - 1912年
次代:
大久保鉄作
先代:
大久保鉄作
  秋田市長
8代:1912年 - 1916年
次代:
井上広居