メインメニューを開く

大塚 実(おおつか みのる、1922年(大正11年)10月9日 - 2019年(令和元年)9月7日)は、日本の実業家大塚商会創業者。


経歴編集

  • 1922年大正11年)10月9日 生まれ。出身は栃木県益子町[1]。栃木県立真岡中学校(現栃木県立真岡高等学校)卒業。
  • 1944年(昭和19年) - 中央大学法学部卒業[1]
  • 1947年(昭和22年) - 理研光学(現:株式会社リコー)入社。
  • 1951年(昭和26年) - 退社。
    以後、理研紙工業、ルミナ閃光電球、山本商会を経て。
  • 1961年(昭和36年) 7月 - 複写機及びサプライ商品の販売を目的として、大塚商会を創業。
  • 1961年(昭和36年)12月 - 株式会社大塚商会を設立代表取締役社長。
  • 2000年(平成12年) 7月 - 東京証券取引所市場第一部に株式を上場。
  • 2001年(平成13年) 8月 - 代表取締役会長。
  • 2004年(平成16年) 3月 - 相談役名誉会長[1]
  • 2019年(令和元年)9月7日 - 老衰のため死去[2]。享年96。

母校編集

母校である栃木県立真岡高等学校に対し、下記のような寄付を行っているほか、同窓会副会長を務める等、熱心な支援を行っている。

  • 真岡高記念館の耐震工事の費用として、約1億5千万円を寄付。2015年4月24日に行われた竣工式には本人が出席し、講演が行われた[3]
  • グラウンド人工芝化工事の費用として、約2億6500万円を寄付。2016年10月28日に竣工式が行われた[4][5]

対外活動編集

  • NPO法人日本橋川神田川に清流をよみがえらせる会の特別顧問。
  • 熱海梅園 - 熱海市の観光資源である熱海梅園の木々の樹勢が衰え、花付きが悪くなってきたのを憂慮しほとんど私費を投じて取り組んできた。まず、樹勢が衰えた木や密集して植わっている木々を間引きすると共に、太陽を遮っていた木々を伐採しの生育環境を改善した。そして、早咲きの梅を中心に植樹した。また、カキツバタセンリョウドウダンツツジなどの低木を植え、秋の紅葉をさらに彩のためにモミジも多く植栽した。これを楽しみに多くの人が訪れる[6]。このことを顕彰するために、熱海梅園内には「大塚実氏顕彰記念碑」が建てられている。

賞詞編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 企業家人物事典・大塚実(アーカイブ)” (2010年2月1日). 2019年10月6日閲覧。
  2. ^ “大塚実氏が死去 大塚商会創業者”. 日本経済新聞. (2019年9月15日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO49851130V10C19A9CZ8000/ 2019年9月15日閲覧。 
  3. ^ “記念館の竣工式典 真岡高で大塚実さんが講演(アーカイブ)” (PDF). 真岡新聞社. (2015年4月24日). https://web.archive.org/web/20171213144619/http://www.mokashinbun.jp/shinbun/20150424.pdf 
  4. ^ 「栃木県立高初の人工芝校庭、真岡高に完成 卒業生大塚氏の寄付活用」下野新聞2016年10月29日 朝刊
  5. ^ “真岡高校人工芝グラウンド竣工 大塚実氏の胸像も建立(アーカイブ)” (PDF). 真岡新聞社. (2016年11月4日). https://web.archive.org/web/20181015080240/http://www.mokashinbun.jp/shinbun/20161104.pdf 
  6. ^ ホテルニューさがみや”. 2017年2月28日閲覧。