メインメニューを開く

大塚本町駅(おおつかほんまちえき)は、かつて神奈川県海老名市柏ケ谷にあった相模鉄道本線

大塚本町駅*
大塚本町駅跡に位置するかしわ台駅東口 (2006年8月)
大塚本町駅跡に位置するかしわ台駅東口
(2006年8月)
おおつかほんまち
Otsukahommachi
相模大塚 (4.0km)
(3.3km) 海老名
所在地 海老名市柏ケ谷
所属事業者 相模鉄道
所属路線 本線
キロ程 21.3km(横浜起点)
開業年月日 1946年(昭和21年)3月1日
廃止年月日 1975年(昭和50年)8月17日**
備考

*1946年(昭和21年)4月1日に柏ヶ谷駅から改称
**書類上はさがみ野駅に移転改称

跡地はかしわ台駅東口として利用
テンプレートを表示

目次

解説編集

戦後間もない1946年(昭和21年)に開業。当初は柏ヶ谷駅(かしわがやえき)と称したが、わずか1ヶ月で大塚本町駅に改称した。

1975年(昭和50年)に新設されたさがみ野駅かしわ台駅と入れ替わる形で廃駅となった、#廃駅後・現況も参照。

駅周辺編集

駅前が海老名市と座間市の境界となっており、綾瀬市との境界も付近に位置する。

歴史編集

廃駅後・現況編集

上記のように、書類上はさがみ野駅を後身としているものの、駅跡からの距離は書類上は新駅扱いのかしわ台駅のほうが近い。

廃駅後、当駅の駅舎はそのままかしわ台駅の東口駅舎として利用され、建て替えて継続使用されている。ホーム跡はかしわ台駅東口とホームをつなぐ通路の一部となっている[2]

隣の駅編集

相模鉄道
本線
相模大塚駅 - 大塚本町駅 - (相模国分信号所) - 海老名駅

出典編集

参考書籍編集