メインメニューを開く

大島町 (長崎県)

日本の長崎県西彼杵郡にあった町

大島町(おおしまちょう)は、かつて長崎県西彼杵郡にあったである。
2005年平成17年)4月1日大瀬戸町西彼町西海町崎戸町の5町と新設合併し、西海市となった。
なお、本項では大島町の旧称である黒瀬町および黒瀬村についても記述する。

おおしまちょう
大島町
廃止日 2005年4月1日
廃止理由 新設合併
西彼町大瀬戸町西海町崎戸町大島町 → 西海市
現在の自治体 西海市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 長崎県
西彼杵郡
団体コード 42312-9
面積 13.33km2
総人口 6,009
推計人口、2004年10月1日)
隣接自治体 西彼杵郡西海町崎戸町(いずれも橋による)
大島町役場
所在地 857-2492
長崎県西彼杵郡大島町1894-5
外部リンク 大島町(アーカイブ版)
 表示 ウィキプロジェクト

目次

地理編集

長崎県の西彼杵半島北西沖にある大島およびその東側にある寺島などを主な行政区域とした。大島と寺島の間は寺島大橋により結ばれる。また寺島と西彼杵半島の間には大島大橋が架かっており(1999年開通)、大島と西側の蛎浦島(旧崎戸町)の間には中戸橋が架かっている。

  • 山:百合岳、島岳、遠見岳
  • 港湾:肥前大島港

地域編集

地名編集

大島町では他の彼杵地域各町で見られるの地名を設置していない。このため「大島町○○番地」のように町名の次に番地を表記する住所表記となる。

なお、明治時代の長崎県公報[1]や『西彼杵郡現勢一班』[2]には、大島町の旧自治体名である黒瀬村時代に使用されていた以下の10郷が記載されている。

  • 本郷(黒瀬郷)
  • 大島郷
  • 寺島郷
  • 間瀬郷
  • 蛤郷
  • 徳万郷
  • 太田尾郷
  • 中戸郷
  • 塔尾郷
  • 塩田郷

歴史編集

教育編集

高等学校編集

小・中学校編集

  • 大島町立大島中学校
  • 大島町立大島西小学校
  • 大島町立大島東小学校

交通編集

産業編集

もともとは炭鉱の町であった。閉山に際して企業を誘致し、1973年(昭和48年)に大島造船所が設立されて町内に本社を置いている。

参考文献編集

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 長崎縣告示第百九十一號 西彼杵郡黒瀬村本郷外4郷漁業組合設置の件〔1〕長崎県公報 明治37年4月8日付
    長崎縣告示第二百二十五號 西彼杵郡黒瀬村太田尾外3郷漁業組合設置の件長崎県公報 明治37年4月22日付
  2. ^ 西彼杵郡現勢一班「黒瀬村現勢内容」五、大字及郷

関連項目編集

外部リンク編集

長崎県大島町(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業)

西彼北部地域合併協議会(国立国会図書館インターネット資料収集保存事業)