メインメニューを開く

大庭 二郎(おおば じろう、元治元年6月23日1864年7月26日) - 昭和10年(1935年2月11日)は、日本陸軍軍人陸士旧8期陸大8期(優等)。栄典は正三位勲一等功三級。最終階級は陸軍大将

大庭 二郎
Oba Jiro.jpg
生誕 1864年7月26日
Ichimonjimitsuboshi.svg 長門国長州藩
死没 (1935-02-11) 1935年2月11日(70歳没)
所属組織 大日本帝国陸軍の旗 大日本帝国陸軍
軍歴 1886 - 1926
最終階級 帝國陸軍の階級―肩章―大将.svg 陸軍大将
テンプレートを表示

目次

経歴編集

長州藩士(現在の山口県青海島)、大庭此面の長男として生れる。明治19年(1886年)6月、陸軍士官学校(旧8期)を卒業し、陸軍少尉任官。明治25年(1892年)12月、陸軍大学校(8期)を優等で卒業した。参謀本部出仕、兵站総監部副官、参謀本部第1局員を経て、明治28年(1895年)から同33年(1900年)までドイツに留学し、その後、陸大教官、参謀本部員兼山縣有朋元帥副官、大本営参謀などを歴任した。

日露戦争では、第3軍参謀副長として出征し、旅順攻囲戦に参戦した。明治38年(1905年)1月、後備第2師団参謀長(朝鮮駐剳軍)となり、朝鮮北部の作戦に従事した。その後、近衛歩兵第2連隊長、陸軍戸山学校長などを経て、明治43年(1910年)11月、陸軍少将に進級し、陸軍歩兵学校長、歩兵第11旅団長を歴任。第一次世界大戦では観戦武官としてロシア軍に従軍した。大正4年(1915年)2月、陸軍中将となり、第3師団長を拝命しシベリア出兵に従事。さらに、軍事参議官朝鮮軍司令官を歴任。1920年12月、陸軍大将となり、軍事参議官、教育総監を勤め、大正15年(1926年)3月に予備役に編入された。

親族編集

次男の大庭小二郎は陸軍大佐、三男の大庭春雄五・一五事件で有罪となった海軍少尉。

栄典編集

位階
勲章等
外国勲章佩用允許
受章年 国籍 略綬 勲章名 備考
1909年(明治42年)11月30日[7]   大清帝国   第二等第二品御賜双竜宝星中国語版
?   中華民国(北京政府) 一等文虎勲章
?   大韓帝国 勲三等太極章
1915年(大正4年)1月25日[8]   ロシア帝国   剣付3等聖公ウラジーミル勲章ロシア語版
?   ロシア帝国   2等聖スタニスラウス勲章英語版
?   ロシア帝国   2等聖アンナ勲章英語版
?   プロイセン王国   2等王冠勲章英語版
?   プロイセン王国   2等赤鷲勲章英語版
?   バイエルン王国   4等鉄冠附武功勲章英語版
1904年(明治37年)6月23日[9]   バイエルン王国   2等第2等聖ミハエル勲章英語版
?   フランス共和国   棕櫚葉付1939年乃至1945年従軍十字章英語版
?   チェコスロバキア   チェコスロバキア従軍十字章1918年章英語版
?   イタリア王国   戦功十字章英語版

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第3401号「叙任及辞令」1894年10月27日]。
  2. ^ 『官報』第4943号「叙任及辞令」1899年12月21日。
  3. ^ 『官報』第1090号「叙任及辞令」1930年8月16日。
  4. ^ 『官報』第3824号・付録「辞令」1896年4月1日。
  5. ^ 『官報』第1310号・付録「辞令」1916年12月13日。
  6. ^ 『官報』第2169号「叙任及辞令」1919年10月27日。
  7. ^ 『官報』 1909年12月4日 敍任及辭令
  8. ^ 『官報』第744号「叙任及辞令」1915年1月27日。
  9. ^ 『官報』 1904年7月20日 敍任及辭令

参考文献編集


軍職
先代:
山田忠三郎
陸軍戸山学校校長
第18代:1908年8月28日 - 1912年9月25日
次代:
林二輔
先代:
-
陸軍歩兵学校校長
初代:1912年8月31日 - 1913年3月29日
次代:
山田隆一
先代:
仙波太郎
第3師団師団長
第12代:1915年2月15日 - 1919年11月25日
次代:
菊池慎之助
先代:
宇都宮太郎
朝鮮軍司令官
第3代:1920年8月16日 - 1922年11月24日
次代:
菊池慎之助
先代:
秋山好古
教育総監
第11代:1923年3月17日 - 1926年3月2日
次代:
菊池慎之助