山田忠三郎

山田 忠三郎(やまだ たださぶろう、1857年9月23日安政4年8月6日) - 1916年(大正5年)8月3日[1])は、明治、大正時代の陸軍軍人。最終階級は陸軍中将正三位勲二等功三級

生涯編集

京都府出身。1878年(明治11年)12月、陸軍士官学校(旧2期)を卒業。翌年2月、歩兵少尉任官。

1902年(明治35年)5月、歩兵第11連隊長に就任し、同年11月、歩兵大佐に昇進。1903年(明治36年)7月、近衛歩兵第1連隊に転じ日露戦争に出征。遼陽会戦直前の1904年(明治37年)8月17日、第3師団参謀長に転じ、遼陽、沙河会戦奉天会戦などに参戦。1905年(明治38年)7月、陸軍少将に進級し鴨緑江軍隷下の歩兵第10旅団長となる。

日露戦争からの凱旋後、1906年(明治36年)4月1日には、功三級金鵄勲章を授けられた。1907年(明治40年)1月28日、陸軍戸山学校[2](軍楽戦略を担当[3])に着任し、1909年(明治42年)11月30日、陸軍省人事局長に異動。1912年(明治45年)4月12日退任[4]。この頃勲二等に叙せられた。同年4月、陸軍中将に進み第14師団宇都宮)長に親補された。師団長に在任時、大正天皇那須御用邸行幸されると、乗馬の御相手となった[5]1916年(大正5年)1月に待命となった。

病により、同年8月3日薨去。この訃報宮中にまで届くと、勅使が山田中将の渋谷の私邸に遣わされ、特旨をもって正三位となった。この時、渋谷駅から沿道まで多数の弔問を受けた[6]。墓所は渋谷区に所在する臨済宗妙心寺派吸江寺戒名は本彰院殿徳美法忠日功大居士

家族編集

  • 妻 : はる子 1975年2月9日没 享年93歳。戒名は榮壽院殿春室貞賢大姉。
  • 長男 : 虎雄 2002年5月6日没 享年88歳。戒名は英昭院文教虎心大居士。
  • 長女 : 壽恵子

栄典・授章・授賞編集

位階
勲章等

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ 『官報』第1206号、大正5年8月7日。
  2. ^ 陸軍戸山学校 - Wikipedia
  3. ^ 吸江寺の墓誌より
  4. ^ サクラタロウ
  5. ^ 吸江寺の墓誌より
  6. ^ 吸江寺の墓誌より
  7. ^ 『官報』第6660号「叙任及辞令」1905年9月9日。
  8. ^ 『官報』第8185号「叙任及辞令」1910年10月1日。
  9. ^ 『官報』第1009号、「叙任及辞令」1915年12月11日。
  10. ^ 『官報』第1205号「叙任及辞令」1916年8月5日。
  11. ^ 『官報』第4027号、「叙任及辞令」1896年11月30日。
  12. ^ 『官報』号外、「叙任及辞令」1906年12月30日。
  13. ^ 『官報』第1310号・付録、「辞令」1916年12月13日。

参考文献編集

  • 福川秀樹『日本陸軍将官辞典』芙蓉書房出版、2001年。
  • 外山操編『陸海軍将官人事総覧 陸軍篇』芙蓉書房出版、1981年。