メインメニューを開く

大日連峰(だいにちれんぽう)は、飛騨山脈(北アルプス)立山連峰のうち、主稜線から派生して尾根をなす群。大日連山(だいにちれんざん)ともいう。

大日連峰
Mt Oku-dainichi02s4592.jpg
室堂平から望む大日三山
右から奥大日岳、中大日岳、大日岳
所在地 富山県
位置
上位山系 飛騨山脈立山連峰
最高峰 奥大日岳 (2,611m)
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

概要編集

立山連峰の主稜線上にある剱御前から西に分岐する山稜を「大日尾根」と呼び、その大日尾根上に連なる山々である。

大日連峰の山のうち、大日岳中大日岳奥大日岳の3峰は、併せて大日三山(だいにちさんざん)と称される。

主な山編集

 
室堂ターミナル越しに見る奥大日岳

支稜線の山編集

奥大日岳から北に派生する尾根上に連なる。

関連項目編集

外部リンク編集