大森浜

函館山・立待岬から見た大森浜(2003年9月)

地理院地図 Googleマップ 大森浜・啄木小公園付近

啄木小公園にある石川啄木の銅像

大森浜(おおもりはま)は、北海道函館市海岸である。住吉漁港より湯の川温泉松倉川河口付近までの津軽海峡に面している。

目次

砂山編集

かつて、この一帯(現在の高盛町、日の出町)には津軽海峡から運ばれてできた高さ30メートル、東西1キロメートル、南北300メートルもの砂山[1]があり、大森は、その砂の盛り上がる「大盛り」より名付けられた。

砂山にはハマナスが咲き美しい景観が広がっていた。戦前、青函連絡船通信用の無線送信所があったが、昭和9年函館大火で焼失。また、貧しい人々が砂山に穴を掘って建てた掘立小屋の並ぶ「サムライ部落」「砂山部落」と呼ばれる地域であったが、戦後、砂鉄を取るため砂山は取り崩され、掘立小屋も立ち退きにより、現在はその面影はない[1]

石川啄木編集

1907年(明治40年)に石川啄木が函館に移り住んだ際に、大森浜と砂山を愛し歌を詠んだことにちなみ、1958年(昭和33年)、大森浜沿いに「啄木小公園」が整備され、本郷新作の銅像が置かれている[1]

海水浴場編集

1885年明治18年)に海水浴場が設けられたが、1954年昭和29年)に遊泳禁止区域となったために廃止された[2]

亀田川転注編集

亀田川は元々函館港側に河口があったが、年々土砂を運び港を浅くし、1877年ごろからコレラなど伝染病が出始めたので、1883年内務省に雇われていたオランダ土木技師ローウェンホルスト・ムルデル(Anthonie Thomas Lubertus Rouwenhorst Mulder)の提案と設計により、1888年、大森浜へ切り替えられた。

函館大火の悲劇編集

1934年(昭和9年)3月21日函館大火が起き、この浜へ避難した人々が炎と激浪の挟み撃ちになって逃げ場を失い溺死、または凍死した者が多数出た。

交通編集

明治時代亀田村鍛冶村経由のルートと並び函館区と下湯川村(のちの湯川町)を結ぶルートの一つであったが、1887年(明治20年)に亀田村から直接向かうルートが開通した。

現在、公共交通機関では下記のものが大森浜沿いの国道278号線を通る。

脚注編集

関連項目編集

参考文献編集

外部リンク編集