大阪市消防局 > 大正消防署
大正消防署

大正消防署(たいしょうしょうぼうしょ)は、大阪市大正区にある大阪市消防局が管轄する消防署である。

本署は大正区小林東3丁目に位置し、泉尾・鶴町の2出張所、13台の消防車、1台の救急車[1]が配備され、大正区の安全確保に努めている。

沿革編集

昭和9年(1934年)、小林町(現在の大正区小林)に開設され、同年の室戸台風の被害(最大風速48メートル、大正区内では全域が冠水し、死者119人、被災者約123,000人[2])を受け、昭和11年(1936年)に鶴町出張所が建て替えられた。

その後、昭和17年(1942年)から18年(1943年)の間に、北恩加島警備屯所、南恩加島警備屯所、船町警備屯所の3つが開設され、昭和19年(1944年)に全ての警備屯所が出張所に昇格したが、昭和20年(1945年)の大阪大空襲による焼失のため、市内の12ヶ所消防署も被害を受け、大正消防署は統廃合され、臨港消防署に改称した。その後昭和21年(1946年)には西消防署と改称された。

昭和23年(1948年)の消防組織法の施行により、西消防署から分割され、大正消防署が新設された。なお、消防本署は昭和39年(1964年)に建て替えられ、泉尾消防出張所は平成4年(1992年2月、鶴町消防出張所は平成7年(1999年)にそれぞれ新設され、現在に至っている。

本署・出張所所在地編集

  • 大正消防署 - 大正区小林東3-5-16
    • 泉尾出張所 - 大阪市大正区泉尾1-26-4
    • 鶴町出張所 - 大阪市大正区鶴町3-14-1

車両編集

本署

泉尾出張所

  • ST181
  • ST83

鶴町出張所

  • ST106


脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 大阪市 消防年報 (PDF) 大阪市消防局、2009年10月23日
  2. ^ 『わたしたちのまち大正区』 p.60

関連項目編集

外部リンク編集

座標: 北緯34度38分46.3秒 東経135度28分16.2秒