大湯環状列石

秋田県鹿角市にある縄文時代の配石遺跡

大湯環状列石(おおゆかんじょうれっせき)は、秋田県鹿角市十和田大湯にある縄文時代後期の大型の配石遺跡。国の特別史跡に指定されている。環状石籬(かんじょうせきり)やストーンサークルとも呼ばれる[1]

大湯環状列石

座標: 北緯40度16分18.0秒 東経140度48分14.0秒 / 北緯40.271667度 東経140.803889度 / 40.271667; 140.803889

大湯環状 列石の位置(秋田県内)
大湯環状 列石
大湯環状
列石

概要編集

遺跡は1931年昭和6年)に発見され、約130メートルの距離をおいて東西に対峙する野中堂と万座の環状列石で構成されている[1]。この遺跡を全国的に有名にしたのは、太平洋戦争終戦直後の1946年(昭和21年)の発掘調査を、『科学朝日』が紹介したことである。そして、1951年(昭和26年)と1952年(昭和27年)には、文化財保護委員会秋田県教育委員会が主体となって、本格的な学術調査が実施されている。

この遺跡は、山岳丘陵の末端にのびる舌状台地の先端部に造られており、河原石を菱形や円形に並べた組石の集合体が外帯と内帯の二重の同心円状(環状)に配置されている配石遺構である。その外輪と内輪の中間帯には、一本の立石を中心に細長い石を放射状に並べ、その外側を川原石で三重四重に囲んでいる。その形から「日時計」といわれており、万座と野中の両方の遺跡にある。

大きい方の万座遺跡の環状直径は46メートルもあり現在発見されている中で日本で最大のストーンサークルである。組石は大きいほうの万座では48基、野中堂のほうは44基ある。中央の立石は大湯の東方約7-8キロメートルにある安久谷(あくや)川から運んだと推定されており、労働力の集中が見られる。

遺跡の使用目的に関しては諸説あるが、近くには構造が似ている一本木後ロ遺跡があり、これは墓であることが調査によって明らかになっており、またそれぞれの配石遺構の下から副葬品をともなう土坑が検出されたため大規模な共同墓地と考えられている[2]。さらに1948年(昭和23年)から始まった万座の周辺調査から掘立柱建物跡群が巡らされていたことが明らかになり、これらは墓地に附属した葬送儀礼に関する施設ではないかと推測されている。

大湯環状列石には日時計状組石があり、この環状列石中心部から日時計中心部を見た方向が夏至の日に太陽が沈む方向になっている。このような組石は北秋田市伊勢堂岱遺跡にもある。

これら、縄文時代後期に見られる環状列石の遺跡は、縄文時代前期以降に出現し、中期に隆盛した「環状集落」を起源としており、中央広場の墓域が石のモニュメントを伴うようになって次第に発達し、周囲の住居群の規模が縮小することで祭祀の場として独立して成立したと考えられている[3]谷口康浩は、縄文中期段階では環状集落構造の一部であった中央広場の集団墓が、後期以降、列石という視覚的な誇張を伴って巨大な祭祀モニュメントとして拡大していった背景に、大規模な土木工事や祭祀挙行、およびそれを運営する「指導力」ないし「威信」の存在を想定し、社会階層化を伴う縄文時代社会の構造変化があったのではないかと指摘している[4]

大湯環状列石の北東には黒又山があり、大湯環状列石からはきれいな三角形に見える。黒又山にも何らかの人工的配石遺構などがあるのではないかとする推測もあり、大湯環状列石との関連の可能性が一部より指摘されている。

ガイダンス施設として大湯ストーンサークル館がある。

2021年(令和3年)7月27日に大湯環状列石を含む「北海道・北東北の縄文遺跡群」が世界遺産に登録。

現状では野中堂と万座の間は秋田県道66号十二所花輪大湯線で分断され電柱もあるため、ユネスコの諮問機関からもこれらの「不適切な構造物」の撤去が求められており、市では2021年から迂回ルートの検討を始めている[1]

出土遺物編集

周囲には掘立柱建物[5]跡が巡らされており、その外側にもいろいろな配石遺構、竪穴式住居跡、貯蔵穴、捨て場などがある。

土器・石器、その他土偶・鐸形(たくがた)土製品・石製品、動物形付土器、三角形岩版など祭祀的遺物が出土している。

環状列石に類似する遺構編集

縄文時代後期の集団墓に、石・木・土を環状に並べた遺跡が確認されている。

環状土籬

北海道知床半島の基部にある斜里郡斜里町朱円遺跡(しゅえんいせき)や千歳市郊外のキウス遺跡は、巨大な土堤を巡らした周堤墓であり、環状土籬(かんじょうどり)と呼ばれている。キウス遺跡には、周堤墓が14カ所あり、周堤の外径が74メートル、高さが5メートルに達するところもある。周堤の内部には土壙だけでなく立石の伴う遺跡もある。

環状木柱列

巨木柱を環状に配置した遺構も確認されている。金沢市新保本町のチカモリ遺跡では直径50 - 85 cmのクリ材による直径7メートルの遺構、富山県小矢部市桜町遺跡では縄文晩期の直径30 - 60 cmのクリ材10本を用いた直径6メートルの遺構など全国で十数例が見つかっている。これらは環状木柱列(かんじょうもくちゅうれつ、ウッドサークル)と呼ばれている。これらは墓地遺跡ではなく祭祀遺跡の可能性の方が強い。

いずれも縄文時代の葬送や祭祀にかかわる遺構とみられ、世界的に広がるストーンサークルやウッドサークルとともに人類に普遍的な円環の思想をそこに看取し、注目する立場がある。

他にも、大湯の環状列石と鹿児島県指宿市山川成川(旧山川町)の成川遺跡立石土壙墓とは、中央に円柱状の石を立てている点で共通性がある。ただし、成川遺跡などの薩摩半島南端部に分布する立石土壙墓は、弥生時代中期後半~終末期に位置付けられるもので、年代が大きく異なっている。

アクセス編集

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 「大湯環状列石」分断する県道移設へ 航空測量で迂回ルート探る” (日本語). 河北新報オンラインニュース (2021年10月4日). 2021年10月4日閲覧。
  2. ^ その他に共同祭祀施設、集落説、祭祀場を兼ねた複合的施設などの説が出されており、最近では拠点的集落説も出ている。
  3. ^ 松木 2007, pp. 122–130.
  4. ^ 谷口 2005, pp. 263–267.
  5. ^ 6本柱で、平面形が亀甲形をした棟持ち柱を持つ構造

参考文献編集

  • 谷口, 康浩『環状集落と縄文社会構造』学生社、2005年3月25日。ISBN 4-311-30062-XNCID BA71509293
  • 松木, 武彦「並び立つモニュメント」『列島創世記-旧石器・縄文・弥生・古墳時代-』小学館〈全集日本の歴史1〉、2007年11月14日、122-130頁。ISBN 9784096221013NCID BA83643351

関連項目編集

外部リンク編集