山川町 (鹿児島県)

日本の鹿児島県揖宿郡にあった町

山川町(やまがわちょう)は、鹿児島県の薩摩半島南部にあったである。揖宿郡に属していた。

やまがわちょう
山川町
長崎鼻
山川町旗 山川町章
山川町旗 山川町章
1960年4月30日制定
廃止日 2006年1月1日
廃止理由 新設合併
指宿市・揖宿郡山川町開聞町 → 指宿市
現在の自治体 指宿市
廃止時点のデータ
日本の旗 日本
地方 九州地方
都道府県 鹿児島県
揖宿郡
市町村コード 46322-1
面積 37.18 km2
総人口 10,647
(2005年10月1日)
隣接自治体 指宿市、開聞町
町の木 ギョボクリュウガン
町の花 キンギョソウヤマガワホウサイ
町の虫 ツマベニチョウ
山川町役場
所在地 891-0504
鹿児島県揖宿郡山川町新生町84番地
山川町役場(現・指宿市役所山川支所)
座標 北緯31度12分13秒 東経130度38分23秒 / 北緯31.20372度 東経130.63969度 / 31.20372; 130.63969 (山川町)座標: 北緯31度12分13秒 東経130度38分23秒 / 北緯31.20372度 東経130.63969度 / 31.20372; 130.63969 (山川町)
ウィキプロジェクト
テンプレートを表示
山川駅前に位置する山川港
1909年の山川村

カツオマグロの漁獲量が多いことで知られた港町で、鰹節が特産品として有名であった。

地理

編集

鹿児島県、薩摩半島の最南部に位置する。町域は霧島火山脈に含まれているため温泉や火山湖など、火山性の地形である。

福元地区、成川地区が中心市街地をなし、それ以外は農村部が多い。

歴史

編集

江戸時代は島津氏の直轄地であった。

行政

編集

歴代町村長

編集
  • 初代 大迫中一 1889年6月 - 1897年12月
  • 2代 野間口清 1898年1月 - 1909年11月
  • 3代 肥後栄蔵 1909年12月 - 1912年2月
  • 4代 日高退蔵 1912年3月 - 1915年9月
  • 5代 日高万里彦 1915年11月 - 1937年7月
  • 6代 日高退蔵 1937年7月 - 1945年5月
  • 7代 篠原元吉 1945年6月 - 1946年11月
  • 8代 佐々木善 1947年4月 - 1949年4月
  • 9代 伊佐丑之助 1949年4月 - 1961年2月
  • 10代 宮田三千三 1961年3月 - 1965年3月
  • 11代 米北憲武 1965年3月 - 1967年10月
  • 12代 宮田三千三 1967年11月 - 1975年11月
  • 13代 中村治男 1975年11月 - 1977年10月
  • 14代 今村正徳 1977年11月 - 1981年11月
  • 15代 東正義 1981年11月 - 1985年11月
  • 16代 中村治男 1985年11月 - 2001年11月
  • 17代 東孝一郎 2001年11月 - 2005年12月

経済

編集

産業

編集

姉妹都市

編集

地域

編集

教育

編集

高等学校

編集

中学校

編集

小学校

編集

幼稚園

編集
  • 山川町立幼稚園

文化

編集

文化施設

編集
  • 山川町民会館(現・指宿市山川文化ホール)
  • 山川町立図書館(現・山川図書館

交通

編集

最寄り空港は鹿児島空港

鉄道

編集

バス路線

編集

道路

編集

町内に高速道路は通っていない。最寄りインターチェンジは指宿スカイライン頴娃インターチェンジ

一般国道
道の駅

名所・旧跡・観光スポット

編集

祭事・催事

編集
  • 山川みなと祭り

関連項目

編集

外部リンク

編集