メインメニューを開く

大熊氏廣

明治から大正期にかけての彫刻家
大熊氏広から転送)

大熊 氏廣(おおくま うじひろ、1856年7月14日安政3年6月13日) - 1934年昭和9年)3月20日)は日本の彫刻家。日本初の西洋式銅像とされる靖国神社大村益次郎像で知られる。

概要編集

鳩ヶ谷宿近くの武蔵国足立郡中居村八幡木(現埼玉県川口市八幡木)で農家の次男として生まれた。兄・徳太郎は後に篤農家として知られた人物である。

幼少時から絵が得意で、後に洋画を学んだ。1876年(明治9年)に開校した工部美術学校の彫刻科に入学し、イタリア人教師ラグーザのもとで学んだ。1882年に首席で卒業し、翌年、有栖川宮邸(J.コンドル設計)の建築彫刻を担当、1884年に工部省に入り、皇居(明治宮殿)造営などに関わった。

1885年、大村益次郎像の制作を依頼された。1890年、工部省の廃止により内務省に移るがまもなく辞職し、岩崎家の援助を受けてヨーロッパに留学。パリ美術学校でファルギエールで学んだ後、ローマ美術学校に入学、モンテヴェルデに学んだ。翌年末に帰国。大村像は1893年に完成し、一躍大熊の名を上げることになった。その後も有栖川宮像、小松宮像などの大作を手がけ、文部省展覧会審査員などを務めた。

1934年、肺炎で死去。墓所は雑司ヶ谷霊園にある。

主な作品編集

参考文献編集

  • 平野清『鳩ケ谷の歴史』(鳩ケ谷の歴史刊行会、1970年)

関連項目編集

外部リンク編集