メインメニューを開く

大神 己井(おおみわ の みい)は、平安時代前期の官人は神直のち大神朝臣、大神宿禰。官位従五位下伊予権掾

 
大神己井
時代 平安時代前期
生誕 不明
死没 不明
官位 従五位下伊予権掾
主君 文徳天皇清和天皇陽成天皇
氏族 神直→大神朝臣宿禰
テンプレートを表示

経歴編集

承和5年(836年)に渡唐した遣唐使の随行員であった円仁が記した『入唐求法巡礼行記』にも名前が見え、早い時期からとの貿易に熱心だった。

仁寿4年(854年)一族の虎主・木並と共に神直姓から大神朝臣姓に改姓する(この時の位階大初位下)。

のち宿禰姓に改姓。貞観16年(874年)に香料や薬品を購入するために唐家へ遣わされる(この時の官位伊予権掾正六位上)。元慶3年(879年)に外従五位下に至る。

官歴編集

六国史』による。

参考文献編集