大聖護国寺

高崎市八幡町にある寺院

大聖護国寺(だいしょうごこくじ)は、群馬県高崎市八幡町にある真言宗豊山派寺院である。東京音羽護国寺の前身である[1]

大聖護国寺
Daisho Gokoku-ji.JPG
所在地 群馬県高崎市八幡町675-1
位置 北緯36度20分28.1秒 東経138度56分59.3秒 / 北緯36.341139度 東経138.949806度 / 36.341139; 138.949806
山号 神通山
神齢山(旧称)
院号 遍照院
悉地院(旧称)
宗旨 新義真言宗
宗派 真言宗豊山派
本尊 不動明王
創建年 建保3年(1215年
開山 定弘
正式名 神通山遍照院大聖護國寺
法人番号 8070005002135 ウィキデータを編集
テンプレートを表示

歴史編集

寺伝では、建保3年(1215年)、定弘の建立とされる[2]。定弘は、山城国醍醐寺で天皇の病気平癒の祈祷を行い、祈祷の本尊である不動明王像を下賜されたのち、当地に下向してこの寺を開基したのだという[2]

寛永年間まで碓氷八幡宮(現在の上野國一社八幡宮)の別当寺で、現在も、上野國一社八幡宮の東に隣接している[3]

寛文元年(1661年)、後に江戸幕府5代将軍となる徳川綱吉が、上野国館林藩に封ぜられると、綱吉の母・桂昌院は、帰依していた僧・亮賢を招き、上野国高崎の地にある当寺の第24世住職(碓氷八幡宮の別当職)に充てた[4]

延宝8年(1680年)、綱吉が将軍となると、翌延宝9年、亮賢に幕府の有する高田御薬園の地を与えて一寺を開かせた[5]。 その寺は、当寺の名(大聖護国寺)を継いで、「神齢山 悉地院 大聖護国寺」と号したが、これが東京の音羽護国寺である[6]。なお「悉地院」という院号も、当寺の院号であったことが明徳元年(1390年)書写の経奥書に見える[7]

脚注編集

[脚注の使い方]
  1. ^ 太子山天明寺ホームページ
  2. ^ a b 『角川日本地名大辞典 群馬県』568頁、『群馬県の地名』430頁
  3. ^ 『群馬県の地名』430頁
  4. ^ 『江戸東京の寺社609を歩く』140頁、『日本国誌資料叢書 武蔵』965頁、『群馬県の地名』430頁
  5. ^ 『日本名刹大事典』246頁、『江戸東京の寺社609を歩く』140頁、『日本国誌資料叢書 武蔵』965頁
  6. ^ 『江戸東京の寺社609を歩く』140頁、「天海と隆光」158頁
  7. ^ 『角川日本地名大辞典 群馬県』568頁

参考文献編集

関連項目編集

外部リンク編集