この項目に含まれる文字は、オペレーティングシステムブラウザなどの環境により表示が異なります。

大菩薩嶺(だいぼさつれい)は、山梨県甲州市北都留郡丹波山村に跨る標高2,057 mである。深田久弥日本百名山には「大菩薩岳」の項で取り上げられている。

大菩薩嶺
Mt.Daibosatsurei from Mt.Kasatori 03.jpg
笠取山より望む大菩薩嶺(2015年7月)
標高 2,056.9 m
所在地 山梨県甲州市北都留郡丹波山村
位置 北緯35度44分55秒
東経138度50分43秒
山系 奥秩父山塊大菩薩連嶺
大菩薩嶺の位置
Project.svg プロジェクト 山
テンプレートを表示

目次

概要編集

奥秩父山塊に位置し、大菩薩連嶺の主脈を構成している。

深田久弥木暮理太郎などは、その著書に大菩薩岳(だいぼさつだけ)と表記している。

名称の由来は、源義光(新羅三郎義光)が後三年の役の際に軍神の加護を願い「八幡大菩薩」と唱えたこと、また、観音菩薩が祀られていること、などのいわれがある。

登山編集

大菩薩嶺山頂は樹林帯のため眺望はない。そのため眺めのよい大菩薩峠も目指すことが多い。

コース編集

  • 裂石 - 上日川峠 - 大菩薩嶺(登り約4時間、下り約3時間)
上日川峠に無料駐車場があり、マイカーまたはタクシー、季節限定バスで入ることができる。
  • 裂石 - 丸川峠 - 大菩薩嶺(登り約4時間、下り約2時間30分)
  • 小菅 - 牛ノ寝通り - 榧ノ尾山 - 石丸峠 - 大菩薩峠 - 大菩薩嶺(登り7時間、下り約5時間30分)

山小屋編集

  • 富士見山荘
  • 介山荘
  • 福ちゃん荘
  • ロッヂ長兵衛

画像編集

周辺の山など編集

関連項目編集

外部リンク編集