大豊遠節線(おおとよとおふしせん)は、かつて樺太に存在した樺太庁道であり、留多加郡留多加町大豊から本斗郡本斗町遠節を結んでいた。

概要編集

  • 総延長 47.5km
  • 幅員 全線5.5m
  • 鉄道省省営自動車本留線のバス路線は同線を走っていた。

歴史編集

経由地編集

  • 留多加郡留多加町 - 本斗郡本斗町

接続道路編集

関連項目編集