メインメニューを開く

本斗安別線(ほんとあんべつせん)は、かつて樺太に存在した樺太庁道であり、本斗郡本斗町から名好郡西柵丹村の安別を結んでいた。

概要編集

  • 総延長 420.2km
  • 幅員 最大5.5m、最狭3.6m
  • 樺太の西海岸の町村を結ぶ、樺太の主要道路であった。

経由地編集

接続道路編集

関連項目編集