メインメニューを開く

大阪市立中野小学校(おおさかしりつ なかのしょうがっこう)は、大阪府大阪市都島区に所在する市立小学校

大阪市立中野小学校
Osaka City Nakano elementary school.JPG
過去の名称 大阪市都島第二尋常小学校
大阪市中野国民学校
国公私立の別 公立学校
設置者 大阪市
校訓 正しく 明るく たくましく
設立年月日 1927年4月1日
共学・別学 男女共学
学期 3学期制
所在地 534-0027
大阪市都島区中野町3丁目10番5号
プロジェクト:学校/小学校テンプレート
テンプレートを表示

目次

沿革編集

1925年に大阪市都島尋常小学校(現在の大阪市立都島小学校)の分校として設置され、その後1927年に都島第二尋常小学校として独立校となった。

1941年には国民学校令により、大阪市中野国民学校に改称した。

1944年には国民学校児童を対象に学童疎開が実施されることになり、都島区の学校では石川県に集団疎開をおこなうことになった。中野国民学校では石川県鹿島郡能登部町・鳥屋町(以上、現在の中能登町)・田鶴浜町(現在の七尾市)へ集団疎開を実施した。1945年4月7日には疎開先の宿舎が火災に遭ったが、児童や引率の教職員に人的被害はなかった。

1945年6月7日の第三次大阪大空襲では都島区全域に甚大な被害を受け、中野国民学校も鉄筋校舎を残して焼失した。

戦災による校舎・校区への被害により、終戦直後の1946年4月1日付で近隣の都島国民学校・東都島国民学校の2校が休校措置となり、両校を中野国民学校に統合している。1943年には旧3校あわせて約4800人の児童がいたが、1946年の3校統合時には290人(約94%減)にまで激減していた。

1947年学制改革により、大阪市立中野小学校に改称した。

戦災からの地域復興により、旧都島国民学校は1951年9月20日大阪市立都島小学校として再開している。また旧東都島国民学校については1954年12月に都島小学校分校として再開され、その後1957年大阪市立東都島小学校として正式に独立・再開している。

年表編集

通学区域編集

  • 大阪市都島区 中野町3丁目-5丁目、都島南通1丁目の全域。
  • 大阪市都島区 中野町1丁目、2丁目のそれぞれ一部。
卒業生は基本的に大阪市立都島中学校に進学する。

交通編集

関連項目編集