大顎(おおあご、だいがく[1]mandible)とは、大顎類節足動物に特有の付属肢関節肢)であり、口器を構成する器官の1つである。大腮(たいさい)とも呼ばれる[1]

大顎を大きく開けたツムギアリ

大顎は大顎類に属する節足動物(多足類甲殻類六脚類)の頭部に配置され、3対の顎と呼ばれる付属肢の中で最初の1対である。それに対して残りの2対は小顎(こあご、しょうがく、:maxilla)と呼ばれるが、これらは必ずしも大顎より小さいとは限らない。大顎は発生学的に第3体節由来で、口と触角の直後に配置される[2][3]

体節: 先節 1 2 3 4 5
付属肢: 上唇 第1触角 第2触角/(退化) 大顎 第1小顎 第2小顎/下唇

大顎の本体は付属肢の最初の肢節のみから変化したものであるため、途中は可動の関節が見当たらないが、多くの甲殻類は大顎の外側に大顎髭(mandibular palp)という直後の肢節に当たる部分が残される。多足類、六脚類、および一部の甲殻類(鰓脚類カシラエビ類・ムカデエビ類など)の場合、この大顎髭は少なくとも成体で完全に退化消失している[4]

様々な昆虫上唇(赤、lr)、触角(a)、大顎(緑、md)、小顎(黄、mx)と下唇(青、lb)
A:バッタ
B:ミツバチ
C:チョウ(大顎は退化消失)
D:

通常、大顎類の3対の顎の中で大顎は特に頑丈な方で、内側は歯があり、餌を把握・切断・粉砕する役割を担う器官である。例外として液体状の餌を摂るのに特化した昆虫が挙げられており、例えば半翅類カメムシセミなど)やの大顎は、他の口器と共に細長く変形し、口針の一部を構成する[5][6]。一部の昆虫、例えば多くのクワガタムシのオスは更なる極端な例であり、摂食の代わりに闘争用の武器に変化した大顎をもつ[7]。大顎が退化的になったものもあり、例えばコバネガ以外の鱗翅類チョウ)の成体は大顎が退化消失するほどである[8]

ムカデの頭部。常に第1小顎(2)によって覆われる小さな大顎(1)と、顎のように発達した顎肢(4)をもつ。

クモ鋏角(上顎)やムカデ顎肢は顎のような形をした口器であり、しばしば誤って大顎と紹介されているが、いずれも大顎とは別起源(大顎は第3体節由来に対して、鋏角は第1体節、顎肢は第6体節)の付属肢である[2]。クモを含めて鋏角類にそもそも顎はなく、ムカデの大顎は常に平板状の第1小顎に覆われて見立てない[9]

脚注編集

  1. ^ a b 日本国語大辞典, デジタル大辞泉,大辞林 第三版,精選版. “大顎とは” (日本語). コトバンク. 2020年10月18日閲覧。
  2. ^ a b Hughes, Cynthia L.; Kaufman, Thomas C. (2002-03-01). “Exploring the myriapod body plan: expression patterns of the ten Hox genes in a centipede” (英語). Development 129 (5): 1225–1238. ISSN 0950-1991. PMID 11874918. https://dev.biologists.org/content/129/5/1225. 
  3. ^ Ortega-Hernández, Javier; Janssen, Ralf; Budd, Graham E. (2017-05-01). “Origin and evolution of the panarthropod head – A palaeobiological and developmental perspective” (英語). Arthropod Structure & Development 46 (3): 354–379. doi:10.1016/j.asd.2016.10.011. ISSN 1467-8039. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S1467803916301669. 
  4. ^ Schwentner, Martin; Combosch, David J.; Pakes Nelson, Joey; Giribet, Gonzalo (2017-06). “A Phylogenomic Solution to the Origin of Insects by Resolving Crustacean-Hexapod Relationships” (英語). Current Biology 27 (12): 1818–1824.e5. doi:10.1016/j.cub.2017.05.040. https://www.researchgate.net/publication/317420173_A_Phylogenomic_Solution_to_the_Origin_of_Insects_by_Resolving_Crustacean-Hexapod_Relationships. 
  5. ^ Hemiptera (bugs, cicadas, leafhoppers, spittle bugs, planthoppers, aphids, jumping plant lice, scale insects, whiteflies) / Boxes / Энтомология”. www.entomologa.ru. 2020年10月18日閲覧。
  6. ^ Mouthparts - an overview | ScienceDirect Topics”. www.sciencedirect.com. 2020年10月19日閲覧。
  7. ^ Goyens, J.; Dirckx, J.; Dierick, M.; Van Hoorebeke, L.; Aerts, P. (2014-04-01). “Biomechanical determinants of bite force dimorphism in Cyclommatus metallifer stag beetles” (英語). Journal of Experimental Biology 217 (7): 1065–1071. doi:10.1242/jeb.091744. ISSN 0022-0949. https://www.researchgate.net/publication/261139860_Biomechanical_determinants_of_bite_force_dimorphism_in_Cyclommatus_metallifer_stag_beetles. 
  8. ^ Krenn, Harald W. (2010-01). “Feeding Mechanisms of Adult Lepidoptera: Structure, Function, and Evolution of the Mouthparts” (英語). Annual Review of Entomology 55 (1): 307–327. doi:10.1146/annurev-ento-112408-085338. ISSN 0066-4170. PMC: PMC4040413. PMID 19961330. https://www.researchgate.net/publication/40448324_Feeding_Mechanisms_of_Adult_Lepidoptera_Structure_Function_and_Evolution_of_the_Mouthparts. 
  9. ^ Bonato, Lucio; Edgecombe, Gregory; Lewis, John; Minelli, Alessandro; Pereira, Luis; Shelley, Rowland; Zapparoli, Marzio (2010-11-18). “A common terminology for the external anatomy of centipedes (Chilopoda)”. ZooKeys 69: 17–51. doi:10.3897/zookeys.69.737. ISSN 1313-2970. PMC: PMC3088443. PMID 21594038. https://zookeys.pensoft.net/article/2466/. 

関連項目編集