メインメニューを開く

天川 晃(あまかわ あきら、1940年8月17日 - 2017年4月27日)は、日本政治学者。専攻は政治学・占領期の政治過程。横浜国立大学名誉教授

天川 晃
人物情報
全名 あまかわ あきら
生誕 (1940-08-17) 1940年8月17日
大阪府大阪市
死没 (2017-04-27) 2017年4月27日(76歳没)
神奈川県横浜市
直腸癌
国籍 日本の旗 日本
出身校 東京大学法学部
学問
研究分野 政治学
研究機関 横浜国立大学
主な受賞歴 正五位瑞宝中綬章
テンプレートを表示

来歴編集

大阪市出身。1964年東京大学法学部卒業、同年東京大学法学部助手。

1974年に横浜国立大学経済学部助教授となり、1983年に教授昇進、1990年4月から横浜国立大学大学院国際社会科学研究科教授を歴任し、2002年3月に横浜国立大学を定年退官。

2002年4月から2011年3月まで放送大学教養学部教授を務める。

2017年4月27日、直腸がんのために神奈川県横浜市内の私邸にて死去[1]。76歳没。没後に正四位に叙され、瑞宝中綬章が追贈された[2]

共編著編集

  • 日本占領秘史 上 竹前栄治共著 朝日新聞社 1977.8、ハヤカワ文庫 1986
  • 日本占領 GHQ高官の証言 竹前栄治ほか共編著 中央公論社 1988
  • 戦後日本 占領と戦後改革 全6巻 中村政則尹健次五十嵐武士共編 岩波書店 1995
  • 戦後日本史と現代の課題 五十嵐武士共編 築地書館 1996.12
  • 地方自治 1 丸善 1998.5 (GHQ民政局資料「占領改革」第8巻)
  • 地方自治 2 岡田彰共編 丸善 1998.9 (GHQ民政局資料「占領改革」第9巻)
  • 中央省庁の再編 丸善 2001.1 (GHQ民政局資料「占領改革」第6巻)
  • 地域から見直す占領改革 戦後地方政治の連続と非連続 増田弘共編 山川出版社 2001.3
  • 地方自治・司法改革(日本国憲法・検証 第6巻)小田中聰樹共著 小学館文庫 2001.5
  • 民政局資料総索引 福永文夫共編 丸善 2002.2 (GHQ民政局資料「占領改革」別巻)
  • 地方自治政策 1 阿部齊・澤井勝共編著 放送大学 2002.3
  • 日本政治史 20世紀の日本政治 御厨貴共著 放送大学 2003.3
  • 地方自治政策1 自治体と政策 澤井勝、北村喜宣共著 放送大学 2005.3
  • 情報と社会 柏倉康夫、林敏彦共編著 放送大学 2006.3
  • 市民と社会を考えるために 高木保興、浅川達人共編著 放送大学 2007.4
  • 日本政治外交史 転換期の政治指導 御厨貴、牧原出共著 放送大学 2007.4
  • 自治体と政策 稲継裕昭共著 放送大学 2009.3

参考資料編集

  • 天川晃教授経歴・業績目録(天川晃教授退官記念号)「横浜国際経済法学」2002-2007

脚注編集

  1. ^ “訃報 天川晃さん 76歳=放送大学客員教授、横浜国立大名誉教授、政治学/神奈川”. 毎日新聞 神奈川県版. 毎日新聞社. (2017年4月30日). https://mainichi.jp/articles/20170430/ddl/k14/060/171000c 2017年7月17日閲覧。 
  2. ^ 『官報』第7033号8-9頁 2017年【平成29年】6月6日付