メインメニューを開く

竹前 栄治(たけまえ えいじ、1930年8月4日 - 2015年7月14日)は、日本の政治学者、占領史研究家。東京経済大学名誉教授。

人物・経歴編集

長野県生まれ。1951年長野県須坂西高等学校卒業、1955年東京教育大学文学部社会科学科法律政治学専攻を卒業し、世田谷区立尾山台中学校教諭に赴任。1958年から東京都立工業短期大学附属工業高等学校(現東京都立工業高等専門学校)教諭、1962年東京都立工業高等専門学校教諭。1963年東京都立大学大学院社会科学研究科政治学専攻修士課程修了。1964年東京都立工業高等専門学校助教授、1968年東京都立大学大学院社会科学研究科政治学専攻博士課程単位取得満期退学。1968年中央大学法学部兼任講師。1970年「アメリカ対日労働政策の研究」で法学博士(東京都立大学)。 1974年東京経済大学経済学部助教授、現代社会学部教授。 2001年東京経済大学現代社会学部特任教授、2005年退職、名誉教授。1983年『戦後労働改革』で労働関係図書優秀賞受賞。

1980年ころに失明したため盲導犬障碍者問題などについても発言する。

2015年7月14日に虚血性心不全のため84歳で死去した[1]

2015年10月25日に「竹前榮治先生を偲ぶ会」を開催[2]

著書編集

共編著編集

翻訳編集

参考編集

脚注編集