メインメニューを開く

天心 アンリ(てんしん あんり、1983年11月7日 - )は、日本の元女子プロボクサー。本名・中川 杏里(なかがわ あんり)。旧リングネーム・アンリ。福島県いわき市出身。山木ジム(現山木ボクシングジム)所属。JWBCライトフライ級(初代)・ミニフライ級(第6代)王者。

天心 アンリ
基本情報
本名 中川 杏里
階級 ライトフライ級
国籍 日本の旗 日本
誕生日 (1983-11-07) 1983年11月7日(35歳)
出身地 福島県いわき市
プロボクシング戦績
総試合数 12(JBC女子公認前後の通算)
勝ち 8
KO勝ち 1
敗け 3
引き分け 1
テンプレートを表示

目次

来歴編集

聖和学園高校ではサッカー部に所属し全国大会優勝を経験。

東京女子体育大学でもサッカー部(同期に北本綾子)で引き続き活躍するが、1年後輩だった前田睦美(ツバサ、現天空ツバサ)がボクシングに転向。そのデビュー戦を観戦して、自身も大学卒業後にボクシング転向。ツバサも所属する山木ジムに入門。リングネームを「アンリ」とする。

2005年6月12日北沢タウンホールでの中村絵美戦でデビュー。TKO勝ちを収めた。

2007年7月29日、いわき市平体育館で日本ライトフライ級初代王座決定戦に挑み、櫻田由樹を3-0判定で下し地元でタイトルを獲得した。

8月15日タイバンコクにて宮尾綾香を倒したシリポン・タウィスクが持つWBC女子ライトフライ級王座に挑戦したが、0-3判定により敗退。

10月19日、北朝鮮開城市で同国のSung-Ae Jangと対戦、1RでKOされ連敗。この試合には本名の中川杏里で出場。

11月18日、岡山市・オレンジホールにて日本ミニフライ級王座決定戦を戦い、森山晶を判定の末下し、2階級制覇を達成する。なお、前回KO負けしてから1か月足らずの試合だった。

2008年に行われたJBC第1回プロテストで合格。JBCではそれまで使用していたリングネーム「アンリ」は認められないため、「天心アンリ」に改名した。

5月9日のJBC初の女子興行「G Legend」(後楽園ホール)にてアマチュア出身で後に女子世界ライトフライ級王者となる富樫直美と対戦。脱水状態[1]を理由に2回終了後に棄権しTKO負け、試合後に担架で運ばれた。

その後も再起を目指し練習を再開したが、8月25日付の本人ブログ上にて引退を表明。JBCでは富樫戦の1試合のみとなった。引退表明後も山木ジムHPの「選手紹介」欄に記載は残っており、ライセンスも残したままだったが、復帰はならずライセンスも失効となった。

戦績編集

  • プロボクシング:12戦 7勝 1KO 4敗 1分
日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考
1 2005年6月12日 勝利 4R 0:36 TKO 中村絵美(MAX)   日本 プロデビュー戦
2 2005年10月1日 引分 4R 判定 1-0 近藤みゆき(B.I.T.)   日本
3 2005年11月20日 敗北 4R 判定 2-0 宇都実穂(マーシャルアーツ)   日本
4 2006年4月30日 勝利 4R 判定 3-0 宇都実穂(マーシャルアーツ)   日本
5 2006年6月10日 勝利 4R 判定 3-0 伊藤まみ(TKM)   日本
6 2007年2月12日 勝利 6R 判定 2-1 ジェット・イズミ(クロスポイント吉祥寺)   日本
7 2007年4月15日 勝利 4R 判定 3-0 相川周子(BCG)   日本
8 2007年7月29日 勝利 8R 判定 3-0 櫻田由樹(Fギャラクシー)   日本 日本ライトフライ級タイトルマッチ
9 2007年8月15日 敗北 10R 判定 0-3 シリポン・タウィスク   タイ WBC女子ライトフライ級タイトルマッチ
10 2007年10月19日 敗北 1R 1:15 KO Sung-Ae Jang   北朝鮮
11 2007年11月18日 勝利 8R 判定 3-0 森山晶(フジワラ)   日本 日本ミニフライ級タイトルマッチ
12 2008年5月9日 敗北 2R終了 TKO 富樫直美(ワタナベ)   日本
テンプレート

脚注編集

関連項目編集

外部リンク編集

前王者
JWBCは2007年4月に設立
初代JWBCライトフライ級王者

2007年7月29日 - 2008年1月17日

次王者
JWBCは2008年1月17日をもって解散・消滅
前王者
池山直
第6代JWBCミニフライ級王者

2007年11月18日 - 2008年1月17日

次王者
JWBCは2008年1月17日をもって解散・消滅