天河一号(てんが いちごう、中国語:天河一号、英語:Tianhe-I、略称:TH-I)は、中国国防科学技術大学(NUDT)に設置されたスーパーコンピュータの一つである。2009年11月のTOP500で世界5位とされた。2010年11月には、改良版である「天河一号A」(Tianhe-1A)が、TOP500で世界一位となった[1]

目次

概要編集

天河一号(TH-I)は、中華人民共和国によって構築された、アメリカ以外では初めてのペタFLOPS級のスーパーコンピュータである[2][3]

TH-Iは、湖南省長沙市の国防科学技術大学により開発された。2009年10月29日に最初に公表され、2009年11月のTOP500ランキングで世界で5番目に高速なスーパーコンピュータとされた。天河一号はTOP500のテスト時には 563 テラFLOPSを達成したが、キャパシティ(ピーク時性能)は 1.042 ペタFLOPSである[4][5]。TH-Iは Xeon プロセッサを、5120個のAMD GPUと一緒に使用している[6]オペレーティングシステムLinuxカーネルベースのものが使用されている[7]天津市の国立スーパーコンピュータセンターに設置され、石油探査やフライトシミュレーションなどの計算に使用されている[5]

Tianhe-1Aへの改修の際は、GPUをAMD製からNVIDIA製に変更し、CPU (Xeon X5670 2.93GHz) を1万4336個、GPU (NVIDIA Tesla 2050) を7168個の構成とする。また、NUDTが独自開発したストリームプロセッサFT-1000をインターコネクト用として採用している[8]。これにより、LINPACKテストで2.566ペタFLOPS (理論値4.701 PFLOPS、実行効率55%)の性能を達成し、2010年11月のTOP500の第一位となった。

2015年4月10日にアメリカ合衆国商務省は中国の核研究にTianhe-1Aが使われていたことからプロセッサを提供していたインテル社[9]とNVIDIA[10]に中国の核研究へ関与する機関への輸出を禁止した。

参照編集

関連項目編集

外部リンク編集