メインメニューを開く

天津一汽夏利汽車股份有限公司 (Tianjin FAW XIALI Automobile Co., Ltd.) は、第一汽車傘下の自動車メーカーで、第一汽車とトヨタ自動車の合弁事業開始以降は、トヨタ製の車両を自社ブランドで販売している。

乗用車のほか、エンジンやトランスミッションも製造しており、ロシアイランシリアアルジェリアエクアドルに自動車を輸出している。

目次

沿革編集

前身は天津市微型汽車で、1984年ダイハツ工業と提携。1997年に天津汽車夏利股份有限公司に改称。1999年深圳証券取引所に上場。 「夏利」は提携先であるダイハツの当時の生産車「シャレード」から取られた(中国語読みで「シャアリイ」)。

2002年6月14日には第一汽車集団の子会社になり、社名を天津一汽夏利汽車股份有限公司に変更した。ダイハツとの関係は次第に疎遠になり、第一汽車グループ自体も2010年にはダイハツとの部品供給関係を終了したが、2014年に一転、ダイハツから自動変速機の供給を受けることが打ち出された[1]

生産車種編集

出典編集

関連項目編集

外部リンク編集